※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:闇口(やみぐち) 染衣(そめぎぬ)
性別:男性
年齢:16歳
出現地:荒廃地域
ジャンル:戯言、人間シリーズ
容姿:目は黒く、髪も黒くて長さはうなじが隠れる程度、また背格好は小柄な方。
身長:165cm
服装:黒い無地の着流しに灰色の帯を巻いている。また黒色の足袋に、台が桐で鼻緒が黒の駒下駄を履いている。首には赤色の首輪を付けていて、白い紐がゆらゆらと揺れている。
武器1:折り畳み式鉄具(フォールドグリップダガー)
伝説の刀鍛冶、11代目古槍頭巾が作ったナイフ。
形状は一枚のブレードに、溝のついた二分割されたグリップがついており、ブレードを上下から挟むように収納するのが特徴のバタフライナイフ型。
大きさは刃渡りは14cmで柄が15cmでできている。
刃から柄のすべてが黒く塗装してあり、ブレード根元のピンのみ鈍色に塗装してある。
これはたまたま古槍頭巾とコネのある闇口の仲間と知り合い、買うことができた。

能力1:縮地
距離や障害物などを無視して、一瞬のうちに移動する技術。意識の隙を付くという縮地ではなく、足運びと重心のかけ方によって高速で移動する縮地。距離が短ければ短いほど、瞬間移動のように動けるが、超長距離となると、目で追えることができるくらいの速度まで遅く落ちてしまい縮地とは言えなくなってしまう。完全に極めたものであれば音も無く、どのような距離であっても瞬きの内に移動することのでき、もはや異能と同じような技術となる。しかし極めるには長い年月を要するため、完全にしたものは過去極めて少ない。また普通に習得できるような技術でもあるため、使用者は曲絃師よりも少なく、戦闘用に使用できるまでの練度を持つのは現在ほぼ染衣のみと言ってもいいくらいに使用者が非常に少ない。
そのため、染衣固有の異端技術のようなものでもある。

備考:『殺し名』序列二位の闇口衆。生まれついての奴隷集団とも言われる、この闇口衆に所属している。暴力の世界での二つ名は『縮地の染衣』と呼ばれている。
闇口衆としては、まだ成り立ての方で、完全なプロのプレーヤーとは言えないが、縮地というある種の高速移動術を未熟ながら納めているため、ある程度はプロのプレーヤーと渡り合うとこもでき、そのため上記の二つ名で呼ばれている。
闇口衆とは、己がこれと決めた特定個人を主君として忠誠を誓い、主の為に事務的に殺す《暗殺者》
その忠誠心は、主君のためならどんな行為も躊躇も限度もなく実行するところに顕れ、故に他の『殺し名』からは「美学がない」と忌み嫌われる。忌み嫌われる度合いでは『零崎』についで2番目。