※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戯言、人間シリーズより

――――【零崎一賊】――――
『殺し名』序列3番目
『殺し名』の中で最も忌み嫌われる殺人鬼集団。あるいはこの世で最も敵に回すのを忌避される醜悪な軍隊にして、この世で最も味方に回すのを忌避される最悪な群体。邪悪と冒涜の宝庫。

理由なく殺す《殺人鬼》

血の繋がりではなく、流血で繋がっている一族。
一見バラバラなようで結束は固く、家族に仇なすものは、老若男女人間動物植物の区別なく容赦なく皆殺し。
今まで一般人として暮らしていた人が、ある日突然零崎の血に目覚めるという。そして零崎同士はそれがわかる。

今までに使っていた名前とは別に、零崎一賊としての家賊名を持つ。男性は名前の最後が「識」(しき)、女性は名前の最後が「織」(おり)。
零崎一賊全員がD.L.L.Rシンドロームだという可能性もあるが、殺人鬼曰く「後からの理由付け」で「なんの解決にもならない」とのこと。


【構成員】