笠山コーポレーション 惨影について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆惨影ヒット後の状況
ヒット後、相手は元側に浮き飛んでくる。このとき前受身、後ろ受身がとれる。
後ろ受身は元の頭を超えるような軌道で、前受身は元の手前に落ちるような軌道になる。ザンギはどちらの受身でも元の後ろに落ちる。
惨影の一段目がカウンターヒットの場合は通常より高く浮く。
惨影後の相手との距離は、惨影を当てた状況によって変わる。チェーンからたとえばダルの伸びた手に当てると、相手の手前で止まる。


惨影ヒット後の追い討ち(画面中央)

惨影後の元の行動と相手の受身

前受身 後ろ受身 受身を取らない
逆瀧 ×
前J昇り小K
忌流↓大K ×
空中投げ ×

  • 逆瀧
相手が受身を取らない、前受身をとった場合に当たる。
ヒット後は相手は地上受身が取れないので、途中止めからめくりを狙える。
ソドムは惨影後、受身を取らないとゲキロウが当たりにくい場合がある。
後ろ受身を取られると、相手は逆瀧の上を越えていく。
ゴウキは後ろ受身をとっても逆瀧が当たる場合がある



元:惨影後に最速で小逆瀧
 take1:ゴウキが後ろ受身をとって逆瀧が当たる
 take2:さくらが後ろ受身をとって逆瀧を回避
 take3:ソドムが受身を取らず逆瀧が当たらない
 take4:ザンギが前受身から逆瀧を空中ガード
 take5:さくらが前受身から受身キャンセル発動


  • 前ジャンプ昇り小K(両流派)
前受身に当たる逆瀧との2択として、後ろ受身の隙に刺さるタイミングで狙う。
主に、持続が長く(10フレ)、発生が早い(4フレ)ジャンプ小Kを使う。
前受身を取っていた場合でも無敵時間が短い(10フレ)なので当たる場合が多い。
ヒットしたときは相手が若干浮くので
 ・喪流なら逆瀧 (途中止めでめくりへ)
 ・忌流なら高さに応じて、着キャンから垂直J大K×2(大P)、↓大K、空中投げ
で追撃する。相手が何もしなかった場合、ジャンプ小Kが当たった後にめくりが狙える位置になる。

  • 忌流↓大K
相手の受身を確認して下大K。惨影後、忌流でしゃがんでおいて受身を確認して追い討ちする。前受身ならすぐ手前に落ち、後ろ受身ならちょっと遅れて頭上を越えて落ちるので、前→後ろと意識しておけば両対応しやすい。

  • 空中投げ
惨影後、ジャンプしておいて相手の前、後ろ受身を確認して空中投げ。
両方の受身に対応できるがダメージは低い。相手が何もしてないと追い討ちできない。