移動手段


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今のところ

木曜
東京→レンタカー→鹿児島

金曜
港→フェリー→種子島

土曜
観る

な感じ

追記:2012/06/15

KTLT


  • 航空機に関して
今回、我々には前回のSTSのように選択肢が「航空機」のみと限られていたわけではなく、時間に関しては無限にあるため「自動車」「電車」「高速バス」等々様々な交通手段があった。そのどれにもメリットがあり、大学三年のクソ夏を彩るには十分な内容をともうなうであろうものであった。
{しかし、超現実的に考えた場合、時間的には「航空機」一択(時は金理論)、コスパ的にもLCCの登場により航空機が圧倒的であった。最後まで選択肢としてありえたのは当初の予定でもあった「自動車」&フェリーによる種ヶ島到達である。コスト的にも妥協できるものであったし、何よりもそのロマンあふれる車の旅、車上生活には大学生としては憧れないわけがないのである。仲の良い仲間で行く車の旅ほど楽しそうな移動手段はないだろう。しかし、なんということでしょう、参加人数2名…しかもよく考えたら大学まだ試験前という日程的に詰んだ状況となり、アニソンを絶叫しながらの旅はあっけなく没となった…}
{前置きが長くなった。今回対象となったエアラインはピーチとソラシド。ピーチはコスト的に絶対的な優位性があったが、関空まで行くバスがNGということでソラシドになった。羽田から鹿児島まで1っ発で行けるし、まあ値段も往復25kくらいとまあ、初心者だしコンくらいじゃね?という妥協性の高いものとなった。しかしピーチの驚異の安さは特筆すべき点である。今後羽田にピーチがきたら積極的に利用するの間違いない。関西人羨ましい。}
{また不安要素としては、今回調べるまで「ソラシドエア」なんて聞いたこともなかったし、機体も一回も見たことがなく、これ大丈夫かという念がそこはかとなかったが、ロンチ前後のソラシドの予約状況を観るに、かなりの動きの痕跡を見ることができた。なので、おそらくこれで大丈夫だろう。}
{・鹿児島港から種ヶ島まではフェリーか高速船を考えてる。でもフェリーの方がだいぶ安く、時間も40%くらしか変わらなかった気がするので、おそらくフェリーを使うだろう。そこからはレンタカーで島内をドライブするわけだが、値段的にも2日借りるのがマックスだろう。ココらへんは第2の鬼門と考えてるので、慎重に選んでいきたい。}
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。