A-DROPシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A-DROPシステムは肺炎の重症度分類に用いられる。成人市中肺炎診療ガイドライン(2005年版)に掲載。

A=Age 男性70歳以上、女性75歳以上
D=Dehydration BUN21mg/dL以上または脱水あり
R=Respiration SpO2 90%以下、或いはPaO2 60Torr以下
O=Orientation 意識障害あり
P=B.pressure 収縮期血圧 90mmHg以下

上記に該当する項目が

0 軽症肺炎
1or2 中等症肺炎
3以上 重症肺炎
4or5 超重症肺炎

となる。また、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。