CA19-9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CA19-9はルイスAにシアル酸が付いた糖鎖抗原、carbohydrate antigen 19-9の略称
ヒトの膵管、胆管、胆嚢、唾液腺、気管支腺、前立腺、胃、大腸、子宮内膜に局在する物質で、これらの癌化を示す腫瘍マーカーとして用いられる。

特に膵臓がん、胆管がん、胆のうがんでは80%の高率で陽性になる。