GAT-X105 ストライクガンダム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地球軍が開発した、初のストライカーパック実装機

GAT-X105 ストライク

SPEC
全高 17.72m
重量 64.8t(ストライカー未装備時)
ジェネレーター出力 ?
スラスター推力 ?
装甲 PS装甲
武装 75mm対空自動バルカン砲塔「イーゲルシュテルン」
   コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
   57mm高エネルギービームライフル
   バズーカ
   対ビームシールド
   (ストライカーパックの武装はここには書いていない)

  • 概要
本機は、地球軍の第1期GAT-Xシリーズの1体で、汎用性の高いX100系のフレーム(デュエル、バスターと同じ)に分類される。
ビーム兵器、PS装甲の搭載に加え、本機は、状況に応じて特徴の違うストライカーパックを装着できる「ストライカーパックシステム」を搭載しているのが最大の特徴。これにより、汎用機でありながら、砲撃、格闘戦に特化した機体に化けることが可能である。

OSは、シリーズ共通の

General
Unilateral
Neuro-Link
Dispersive
Autonomic
Maneuver

である。

  • 武装
75mm対空自動バルカン砲塔「イーゲルシュテルン」
いわゆる頭部バルカン砲。ミサイルの迎撃に便利だが、MS相手だと、ジンにはじかれる程度。牽制に使用する。全ての装備で使用。

57mm高エネルギービームライフル
ビームライフル。電力を消費するため、使えば使うほどPS装甲の残り時間は短くなる。ちなみに、グレネードの有無を除き、デュエルとほぼ同じ。従来のMSなら一撃で貫くビームを放つ。エールでも使用。

バズーカ
実体弾兵器。連射はできないが、ビームの減衰する水中では重宝された(というか、水中以外で使った記録がない)

コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
バッテリー付き、折りたたみ式のナイフ。高速振動で敵の装甲を切り裂く。バッテリー式のため、フェイズシフトダウン後も使用可能。全ての装備で使用。

  • エールストライク
「エールストライカー」を搭載した状態。翼とスラスター、追加武装のセット。高い機動性から、射撃戦を中心としているが、汎用性が高いため、使用頻度はもっとも高い。

追加武装
ビームサーベル
いたって普通のビームサーベル。本体にビームサーベルがないことから装備された。予備含み2本。

  • ソードストライク
「ソードストライカー」を装備した状態。格闘戦武装が充実している反面、射撃武装の追加がないため、射撃兵器はバルカンのみ。

追加装備
15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」
片側にビーム刃を発生する大型剣。MS戦、水中戦、など幅広く使える。ただし、大きいため、狭い場所では使えない。非使用時は、ストライカー右側にマウントされる。

ビームブーメラン「マイダスメッサー」
もち手とビーム刃で構成。投げると戻ってくる。

ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」
ロケット推進式のアンカー付きシールド。アンカーはコードで繋がっていて、目標を捕捉、破壊可能。2本爪。

  • ランチャーストライク
「ランチャーストライカー」を装備した状態。ソードとは、メインウエポン、サブウエポンの配置が逆。また、砲撃兵器しかないので、格闘兵器はアーマーシュナイダーのみ。

追加装備
320mm超高インパルス砲「アグニ」
約20mもの全長を持つ大型のビーム砲。非常に高出力のビームを発射。MSはもちろん、ヘリオポリスの外壁も破壊した。燃費は前装備中最悪。時にはアークエンジェルと接続し、そちらから電力をもらい、使用することもあった。

120mm対艦バルカン砲
右肩に搭載。MSの迎撃のほうが向いている。もちろん頭部バルカンより強い。

350mmガンランチャー
右肩2箇所に搭載。大型の実体弾であり、威力は高い。弾種のデータはない。