TS-MA2mod.00 メビウス・ゼロ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、「機動戦士ガンダムSEED」に登場するMA メビウス・ゼロについて記録する。

SPEC
武装

対装甲リニアガン
有線式オールレンジ攻撃兵装「ガンバレル」×4

  • 主要解説
この機体は、メビウスの前に登場した機体で、原則装備パターンは上記の2つをセットとした状態のみ。最大の特徴は、ガンバレル4基を用いた、有線式オールレンジ攻撃である。これにより、MSが相手でもオールレンジ攻撃を駆使して撃墜可能。
ただし、これの運用にはかなりの空間認識能力が必要であり、ムウ・ラ・フラガをはじめとする一部の人間しか、この機体は扱えない。

  • 武装解説
 対装甲リニアガン
 機体の中央(コクピットありのメインユニット)の前部分に搭載したリニアガン。ザフトのジンも撃墜できるパワーを持つ。また、実戦では、攻撃中にガンバレルが撃破されることもあるので、重要な武装である。ただし、実体式のためPS装甲には勝てない。

 有線式オールレンジ攻撃兵装「ガンバレル」
 樽状のユニットで、機体を正面から見たとき、十字になるよう設置されている。使用時は、本体から離れ、それぞれが独自に移動、攻撃可能(有線式のため、移動範囲に限度あり)それぞれのユニットに実体砲が2基あり、使用時に展開する。こちらも実体式のため、やはりPS装甲には・・・。

本機は、3小隊15機が用意されたが、フラガ機以外撃墜。その後は、第1期GAT-Xシリーズのパイロット(正規)の護衛として運用。騒動の中でアークエンジェルに。アークエンジェルの大気圏突入まで活躍した。