ムサイ級軽巡洋艦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムサイ級軽巡洋艦は、宇宙世紀において重要なメカであるため、ひとつの技術データとして書いておきます。

ムサイ級軽巡洋艦(以下ムサイ)は、U.C.0079の一年戦争で、ジオン公国軍が使用した宇宙戦艦である。

SPEC
全長:234m
武装2連装メガ粒子砲×3 大型ミサイルランチャー×2 小型ミサイルランチャー×10
搭載MS数: 4+2機
備考:機首部分に、大気圏突入カプセル「コムサイ」を搭載。

この艦の画期的なところはふたつある。

1:MS運用能力を持つ。
宇宙戦艦で、初めてMSを搭載したのがムサイ。後ろのハッチから、MSが自力で外へ出るという、後のカタパルトを使った機体には劣るが、MS運用艦の基礎となったのは間違いない。

2:メガ粒子砲を主砲とする。
この艦は、まだ信用性に欠けるメガ粒子砲を、計6門搭載している。これは、MS格納にスペースをとるため、弾薬庫のような、場所をとる装備を避けたかったからである。

戦況が悪くなると、急場しのぎのためか、メガ粒子砲が3セットから2セットになっているものもある。