鎮 元斎 技性能解析

使っていく通常技は遠D以外の通常技、しゃがみはA以外、
ジャンプはD以外を使って行こう。
遠立Aは先端の判定が凄く強くキャンセルもかかるため、
時々瓢箪撃をキャンセルしよう。よく動こうとした相手に当たるし
ガードされても隙は少ししかない。
やりすぎるとガーキャン前転されて痛い反撃をくらうので注意!

遠立Bは足先に喰らい判定がなくチン自体に攻撃が当たらなければ、色んな牽制を潰せる凄い技。
遠立Cは相手が遠くで隙を出した時にキャンセル瓢箪撃を出してとっさの反撃として使おう。
立CDはでてしまえば判定がメチャ強くかなりの対空性能がある。
屈Bは姿勢が低くしゃがみ対空に使ったり、飛び道具をかわすのに使うといい。
屈Cは出が早く判定も強い為対空に使えるが、当て方が悪いと裏社や大門等のコマンド投げで
反撃されてしまうため、酔管巻襖をキャンセルしておこう。
屈Dは屈Bより更に姿勢が低く、色んな牽制や飛び込みをかわしながら攻撃できる重要な技。
対空に使えるが、すかし投げに弱いので多用は禁物。

基本の立ち回りは、相手の通常技を屈Dや立Bや立Aで潰したり、
対空技で待ち気味に戦っていき、チャンスがあったらJCを上からかぶせるように飛び込んでいく。
JCをガードさせたら屈B→立B→柳燐蓬莱の下段始動コンボと、
昇りJCの中段、C投げでガードを揺さぶろう。
JCをたまにAに変えると、下段に相手が引っ掛かりやすくなるのでたまにまぜるといい。

超必の轟欄炎炮は出が早く、対空、コンボ、博打に使えるが、
相手の攻撃と自分の攻撃が相打ちにならないと、ほとんど技の終わり際に反撃されてしまうので注意!!
MAX版の炎はダメージがかなり高く、相打ちにならなくても全体に炎が出てる為、
非常に反撃されづらい。負けそうな時やゲージが一杯ある時は、どんどん狙ってみよう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。