アトン・エウロ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


登場人物紹介


  • トンちゃん

 王国騎士団が誇る最強の騎士さん。お名前は「アトン・エウロ」。
「エウロ」は中隊長に贈られる称号名である。「アトン」は「ひまわり」のこと。
 アリア家の推薦を受けて騎士団に入隊し、わずか十年ほどで中隊長に昇格した人物である。
 特装騎士から試験期間を経て中隊長に抜擢された異色の経歴を持つ。

 並外れた身体能力と魔法技能、そして史上まれに見る物体干渉の異能をあわせ持っている。「2cm」と呼ばれる異能だ。
 任意の物体を生物、非生物問わず「2cm」動かすことができる。「2cm」というのは絶対のルールのようで、本人がどんなに願っても変更できないようだ。
 魔物たちの研究によれば、トンちゃんの「2cm」は、かなり異能の本質に近いものであるらしい。
「定線」と呼ばれる独特の計算式が働いていて、対象の硬度や質量を無視した働きをする。
 つまり、一方の定線が他方の定線を圧倒した場合、わたぼこりが岩石にめり込むといった現象が起きる。
 ただし定線が上下する条件は非常に複雑かつ多角的なもので、実質的にはコントロールできない。
 この「定線」に関して、魔物たちはそうとわからないだけで、あるいは異能全般に適用される法則ではないかと見ている。

 物体干渉の異能自体が希少で、中でも目に見えるほどの効果を持つものはごく珍しい。
 史上最高峰の適応者と言っても良いだろう。
 そんな彼について、三大国家の名だたる騎士たちは「痩せれば史上最強の値はもう少し更新される。残念だ」とコメントしている。