跳ねるひと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 跳ねるひと。
    • 本名はシマ。
      • 意味はおそらく(ヒトが)跳ねる。
    • こきゅーとすでのハンドルネームは草原在住の平穏に暮らしたいうさぎさん。

  • モチーフはウェアウルフ(?)。
    • 純白の毛皮、真紅の瞳、長い耳、丸い尾が特徴的なうさぎの化身。
    • 魔の三角地帯の東にある散華の草原に住む。第二のゲート

  • 人間たちの呼称は満月の巨大なうさぎの姿をメノッドシマ、新月の人型をメノゥシマとし、呼び方で区別をつける。
    • 持ち前の柔軟性を生かした縦横無尽の高速戦闘得意とする。
    • 新月のメノゥシマは普通の人型であるようであり、相性の問題から、人間から見れば新月時は弱いとみなされる。
      • 魔物たちから見ても、月齢で姿が変わるシステムは、はっきり言って不評であるようだ。
      • 見切り発車で月面計画を推進した結果であるらしい。



登場人物紹介


  • 跳ねるひと

 獣人種の一角。開放レベルは「3」。
 長い耳、丸い尾が特徴的な、うさぎの化身である。
 全身を覆う毛皮は純白で、真紅の瞳は丸くて愛嬌がある、魔物界のアイドル。
 脚線美にはちょっとした自信があるようだ。
 月面計画の熱烈な信奉者であり、月の満ち欠けに強く影響を受けるという設定を自らに課している。
 満月時は巨大なうさぎの姿をとるが、月が欠けるつれて人間の形態に近くなっていき、やがて新月時には完全なる直立歩行を獲得する。
 満月時の跳ねるひとを、人間たちは「メノッドシマ」、新月時は「メノゥシマ」と呼び方で区別をつける。
 彼らは、月が欠けるほど跳ねるひとが弱くなると信じているが、これは単なる相性の問題だ。
 獣化が進んだ跳ねるひとは脚力が増すものの、手足が短くなる。

 盟友・鱗のひとほどの頑健さはないものの、柔軟なバネを活かした高速戦闘を得意とする。
 人体の構造上、上下の動きには対処しにくい(人間の視野は左右に広いが上下に狭い)ため、鱗のひとよりも危険視されている。

 ふだんは前々管理人の夫妻と一緒に暮らしている。
 気苦労は絶えないが、充実した日々を送っているようである。