Mechanic


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mechanic / メカニック



特徴

味方のアーマーから、タレット、ビークルまでなんでも修理できるサポート特化型Perk

説明

基本的に、アーマーを修理することに奔走されるPerk
グレネードは、他のPerkと違い、アーマーを投げることが出来る
ただし、投げたアーマーの値は 20 なので、装着させたあとに修理する必要がある
Welderの溶接可能範囲は、かなり狭い為、溶接されている側はできるだけ動かないように

所持重量の限界が 10 で有るため、それに見合った装備構成が必要

修理出来る道具として、Welder、WSG-12 Pump-Action Shotgun、Omni Bladeがあるが
全て修理に必要な電力が違うため、複数持つことで効率的に修理出来る
なお、WSG-12 Pump-Action ShotgunはWelder、Omni Bladeに比べて、 溶接可能範囲が広い ため
安定して溶接し続けることが出来る

レベルを上げる経験値として、Pump-Action Shotgunとアーマー修理がある
少ない積載量から、大きな火力は期待出来ず
アーマー修理だけでは、レベルを上げる手段としては、不効率であるため
Combat TrooperでPump-Action Shotgunを使用することでレベルアップが可能である

ただし、メカニックのPump-Action ShotgunのダメージボーナスはCombat Trooperよりも高いため
ある程度レベルが上がれば、メカニックで火力を期待できる

立ち回り

所持出来る武器としては、Pump-Action Shotgun、Toolkit、一部Blunt-weaponがあるが
雑魚処理をするにも手数が足りず、大型処理するにも火力が足りない為
基本は、チームのサポートに回ることになる
キャンプ内に敵が入り込んだ場合には、率先して補助して上げよう。
また、高レベルの場合、Shovel等でScrakeをスタンも可能であるため、周りにプレイヤーが
対処出来ない場合は、処理しよう

アーマー修理の優先度としては、
タレット(及び、Combat Engineer)> 近接Perk > 前衛、雑魚処理Perk > 後衛
となる
また、アーマー値0になると修理出来ない為、臨機応変に修理しよう
味方がダメージを負っていた場合は、回復することも忘れてはいけない

ビークルを使えるPerkは、修理技能が無いこともあるため
ダメージを負っていたら、修理してあげよう

前半wave(1~3)

投げアーマーによるコストは、通常アーマーを買うコストより断然低いため
投げアーマーを購入して溶接してあげると、チーム全体のcashの支出を減らすことが出来る
率先して溶接するようにするようにしよう

後半wave(4~6)

前衛を崩壊させないように、優先的に前衛をサポートする
ただし、近接パークのアーマー修理はリスクが高いため、後退した時に溶接した方がいいかもしれない
味方の回復も忘れないようにすること

装備の定番

推奨装備(武器の詳細はEquipmentsの頁参照)

特徴 解除レベル 重さ
Medical Syringe HP回復 Lv.00 01
welder 溶接機材 Lv.00 01
Shovel Scrake対処用 Lv.15 03
M870 Express Combo Pump-Action Shotgun 長距離射程、チーム補助し易い Lv.15 04
WSG-12 Pump-Action Shotgun 溶接機材2、溶接と同時に援護も出来るため使いやすい Lv.50 03
Omni Blade 溶接機材3、これさえ所持すればナイフはいらない Lv.50 03
必要に応じて、Armor Regeneなどのboostを購入する