※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●十分に賢く、気品があり、優しく美しい相手
1,ありえないこと
2,虚構の・フィクション

出典:タナッセイベント61「知恵の時代」

●嫉妬係
嫉妬イベント回収のために当て馬にされるキャラクターのこと。具体的には好愛がぐんぐん上がるモゼーラ。

●選定印
寵愛者が寵愛者たる所以。
額に輝くその印は、グラドネーラでは唯一の王の証とされ、今までのところその持ち主のポテンシャル(潜在能力)は非常に高い。同年代に二人目が見出されるのはかなりのイレギュラー。
これを用いて、城で行われている市での無銭飲食などがなかなか恒常的・かつ非合法に行われているもよう。しかし主人公が多用するとどこからともなくあらわれるポップ・アップ広告のように某商人にターゲットにされる。
城の宝物庫を手荷物を持ったままで開けることができる。
「この印が目に入らぬか!」と叫びだしたいところではあるが額にあるのでなかなか自分の目には入らない。難儀なことである。