林崎

プロフィール

性別
出身大学 皇学館大学文学部日本史専攻

授業評価

わかりやすさ D
おもしろさ D
授業スピード A
怒りっぽさ SSS
雑談 1コマあたり1分

熊本校をわずか一学期でクビになった問題講師。
居眠り、予習をしていない、ノートを取らない、肘つき、足組、髪をいじるなどの行為に対し「出て行け」と激しく叱りつける。
なお、男女差別は一切しないので注意。
授業中板書をすることはほとんどなく、教室の中をうろうろ歩いて授業をする。
授業でプリントを使う場合、その内容をほぼ暗記しており、何も見ずに授業をする。
早口のため声が聞き取りづらいことがある。
また、板書は汚い。

一回の授業につき10人以上の生徒に質問をすることもある。
もし質問に答えられなければやっぱり怒られる。
そのため、生徒はビクビクしながら授業を受けることになる。
なお、午後の選択ゼミでは生徒に当てることはなく、基本的に怒ることもない。板書もする。

機嫌がいいときは雑談(大半が自慢話)をすることもある。
虚言癖がある。
  • 家庭の事情で2億の借金を抱えていたが、炭鉱労働をして1人でそのうち1億2000万をわずか四年で返済。その後姉弟で完済した。お金を非常に大切にしている(貸し渋りの時代に、どこの阿呆が小さな会社に2億も貸すのか。炭鉱労働で大金が稼げると言うのもおかしな話。マンガの読みすぎか。)。
  • 1本10,000円する葉巻を吸う(上に矛盾。数千円の葉巻をパサパサすると馬鹿にするが、麻生太郎元首相(個人資産4億円以上)が愛用の葉巻「ホヨードゥモントレー・ぺティロブスト」は一本1,400円である。また、葉巻の値段はサイズにもよるため、安い=不味いは必ずしも成り立たない。)。
  • 甲子園に出場した。
  • 甲子園でイチローと対戦した(彼の自称出身校である開成高校は、イチローの出身校である愛工大明電高校と対戦すらしていない。また地区が違うため予選でも当たらない)。
  • 甲子園では4三振だった。
  • 甲子園常連校の監督を頼まれたが断った。
  • 元ボクサーで日本6位。(あの体型で…?)
  • 元棋士で、県代表。
  • トヨタやソニーなど、あらゆる大企業の面接を一発で通過した(本人談によれば、林崎は文学部日本史専攻である。ほぼ100%、書類審査の時点で落ちるだろう。)。
  • 予備校講師以外にも、仕事を持っている。
  • 浪人時代にどこの大学でも選べるほど成績を上げたらしい(では何故東大や早稲田を選ばなかったのか)。

アメとムチを巧みに使い、また上に述べたファンタジーの効果もあって、信者が多数いる。
しかし、全く実力がない訳ではない。

(上記のような虚言の可能性もあるが)「執筆意欲が湧いた」との理由で近頃書籍を出版する予定。
第1弾のテーマは「葉巻」、第2弾は「神戸(彼は宝塚在住である)」。
「本出すから、お前ら買え」と、もはや流行りのステマとは言いがたいダイレクトマーケティングを行い、生徒を唖然とさせた。

同予備校講師である長谷川と共にWeb予備校CubeHを運営。
Youtubeにお試し版として林崎の古文文法の授業がアップされている。
こちらでは(当然だが)怒ることもないので、文法に不安があるときは視聴してみるのもいいかもしれない。


ちなみに、北予備パンフレットの写真は現在とあまりにかけ離れており、ほぼサギである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル