※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Rolf (ロルフ)

※PL単位で認識する場合の呼び名
※カタカナで呼んで頂いても構いません

Rolf W.Willow(1st)

名前 Rolf 種族 人間 性別 出身地 ブリー郷
読み方 ロルフ クラス LRM クラフト 歴史家 KS役職 はぐれ爺(嘘、一般)

語り

Rolf Weeping Willow : 枝垂れ柳のRolf
人間が最も優れた種族だと信じて疑わない、とっつき難い人物です。
やたら傲慢で饒舌、憎まれ口を叩くと思えば、とんでもないドジをやらかして周囲を笑わせたり、困らせる。こちらに冷たい素振りを見せると思えば、その後、いきなりプレゼントを贈りつけたりする。
――なんとも偏屈で寂しがりな爺です。

端か見ていれば(関わっている時はともかく)、鬱陶しいが害はない。そう思われがちですが・・・。
気をつけてください。彼は、古代に現れた多くの人間と同じように、闇に強く惹かれているようです。

生い立ち

比較的裕福な農家の長男として生まれ、その恩恵と、優しい両親のお陰で、
農家の子にしては珍しく、また何不自由なく、学問に精を出し育ちます。

成人しても中つ国の情勢や、英雄録、大層な冒険話など一切興味なく(それでも一応は知識としては仕入れていた)、麦と牛、パイプ草に囲まれ、それなりに幸せで平凡な生活をおくっていました。
しかし、自らの『老い』と妻や子らとの『死別』によって、歴史の合間に姿を覗かせる『不死』と『不老』の存在に、しだいに強い欲望と執着を持つようになります。

ロアマスターと歴史家

彼がロアマスターたる由縁は、シンダールの歴史や古代ドゥーネダインの知識の探求、もしくは保護者といった、崇高な立場からではありません。
ロルフは、その生い立ちから、優れた知恵と深い知識の持ち主ではありましたが、それ以外はただの農民に過ぎず、体力に多少の自信があるとは言え、剣が扱えるわけでも、弓を持てるわけでもありません。ましてや重い鎧などを着こなせるわけがあろうはずがありませでした。
加えて、彼は『老いて』旅に出たがために(それも己の醜い欲望のために!)、より一層、他の冒険者らとは一線を画すことになったのです。

そう、彼に残されたものは頭の中の『知識』のみ。
つまり、彼は、ロアマスター(正確に言えば、我流であり、それに近いものでしか無いのかもしれません)にしか『なれなかった』のです!

歴史家である理由も恐らく同じことでしょう。
彼が求めるものを探し出すには、鋳造の技術や仕立ての技術、木工の技術等、その他、様々な素晴らしい技術は、不必要なもので、かつ、彼の目的を果たすには(また出来ることは)これしかなかった――そう、推測されます。

欲望

彼は、エルフという一族が不死であることを知っています。人の祖先である古代ヌメノールの人々が長寿を誇ったことも。死してもなお、縛らている亡者たちの存在も。最も、それは一般の人々が感じるように「見たこと無いけど、エルフという生き物がいて、彼らは不死だそうだ」という、何処か遠くの国の物語のような漠然としたものに近いものと言えます。
しかし、彼は様々な遺跡を巡り、古い書物を漁ることで、それらと『不老』『不死』の存在を掴み、それが可能であると確証しています。ロルフは、不老不死を呪術的なものと考えず、(飽くまでLotRO、指輪物語における世界での)科学的な面でとらえているのかもしれません。
そして、それは少しづつではありますが、彼になんらかの手応えを与えています。――果して、その先には何が待っているのか。それは、誰にもわかりません。(多くの古代の例を見れば、闇に通じていることは明らかなのですが…)

事件(クエスト)

これらの事から、彼の前に飛び込む様々な事件(クエスト)は、彼にとっては、
目的のものを探す旅の行きがかり、巻き込まれてしまった。――だけのこと、なのかもしれません。
(しかし、彼が本当のところ、事件に関してどう思っているかは、定かではありません)

他種族観

先述したように、彼は人間が最も優れた種族であると信じています。
そして中つ国を支配するのも、相応しいのも人間であると信じています。
だからと言って、他種族を見下しているわけではなく、エルフには羨望と敬意を。ドワーフには信頼と恐怖を。ホビットには愛しさと親しみを。それぞれ抱いているようです。

知恵

長く生きているお陰か(それでもエルフに比べれば若者同然なのですが)彼の知恵と経験は中々熟成したものとなっています。時折語る胡散臭い諺は、長く生きた彼の証とも言えるでしょう。

「落馬したくなければ、馬に乗るな」(失敗、負けないための秘訣)
「一頭のワーグより十匹のゴブリン」(質より数の恐怖)
「髭は生(は)やすもの、知識は生(い)かすもの」(物事の本質を見抜け)

ただ、最近はちょっとボケ気味かも・・・。本人は認めていませんが。

使用人たち

以下はRolfの使用人(倉庫キャラクター及びネタ)たち。
声をかけてみると、案外面白い反応が返ってくるかもしれません。

Odo(オドorオッド)

おいらはホビットのGRD!忍耐強さの天才さ
鍋蓋を盾に、お玉を剣に持ち替え、ご主人の書物番を勤め
いけすかない吟遊詩人だってぶん殴って見せるさ!

でも、ドレイクだけは勘弁ね?
<PLより>
Rolfの倉庫キャラクターとして登場した彼。
口うるさくて、慌しいものの非常に真面目で信頼できる存在です。
同じ使用人のLinthalionにはウンザリしてる様子。
キンシップに所属していません!が、度々、皆さんの前に現れることがあるかもしれません。

Linthalion(リンサリオン)

僕はLinthalion。流離の吟遊詩人。
自慢のルックスに女性は皆、いちころさ。

素敵な恋のサーガで、ドワーフからエルフまで皆口説き落としてみせるよ!
<PLより>
半ば押しかけでキンシップに所属。
超ポジティブ。超ナルシスト。超女たらし。超天然。超へたれ。超ふじみ(敢えてひらがな)。
彼が出てくると、ログがかなりのスピードで流れることは間違いありません。



2007-07-16