※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Luki

※中の人単位で認識する場合の呼び名

Luki(1st・メインキャラ名)

名前 Luki 種族 ドワーフ 性別 出身地 青の山脈
読み方 ルキ クラス ミンストレル クラフト 武器職人 KS役職 ネタ担当
<設定>
ドワーフの爺。
歌うのは好きだが、音痴なのが玉の傷。
数々の戦いに赴き、戦闘では愛用の斧を片手に前線に飛び出し、戦いが終わると
楽器で皆を和ませてきた。

15年ほど前に戦場で人間の赤子を見つけ、どうにも放っておけずに、故郷へと連れ帰り育てる決意をする。
その赤子が成長し、自分の出自を知るために旅に出る際に、自分も再び戦いの場に赴くが、よる年波には勝てず膝を痛めてしまい、ブリー村で木工品や武器生産に励む日々をおくっている。

Lazu(2nd)

名前 Lazu 種族 人間 性別 出身地 ???
読み方 ラズ クラス ハンター クラフト 探検家 KS役職 射貫き担当
<設定>
赤ん坊の頃に、ドワーフのLukiに拾われ育てられる。
周りのドワーフ達から、最初は嫌がらせもされていたが、Lukiの説得などもあり、
すぐにドワーフ達に溶け込んでいく。
小さい頃は、かなりやんちゃな娘で、8歳の頃にLukiから禁止されていたにも関わらず、雪山へ遊びに行きオーク達に捕らわれそうになる。
そこを偶然通りかかったハンターに救われ助かるも、ハンターも手傷を負い、Lukiの元へと連れ帰る。
そこで、ハンターの傷が癒えるまでの2ヶ月間、弓の扱い方や、山に対する知識など、ハンターにとって必要な事を教えてもらい、上達していく。
ハンターが去って行った後も、Lukiの鉱石掘りを手伝いながら修行を続け、腕前を上げていく。

そして15歳の誕生日に(Lukiに拾われた日が仮の誕生日となる)自分の出自などを聞き、本当の肉親を探しに旅に出る決意を固める。

今日も野山を駆け回り、肉親の手がかりを探しながら、膝を痛めてブリー村で隠居している養父の為に、途中で採取した木材や鉱石を送り続けている。


2007-06-14