※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 夜――

 辺り一帯は何も無い。
 ただ、暗い暗い闇が広がっているだけ――


 しばらくの時間が経っただろうか。
 闇の中には、幾つもの影が見え隠れしていた。

 どうやらそれは人のようで、全員深い眠りについていた。

 中にはジェル状の生物や、蛙なのか人なのか良く分からない生物もいるようだった。

 そういった者達がざっと100人は居たのだ。


 何故、このような状況になっているのか?
 一体、これはどういう状況なのだろうか?

 よく分からないまま、部屋の灯りが点いた。


 学校――

 そう。
 ここは何の変哲もない学校だった。

 床で寝ていた者達は次々と覚醒していく。


 そして物語は動き始める――






「ここは……」
「なんだここ」
「どういう事だ!?」

 知らない所に連れて来られた「参加者」達は次々と声をあげ始めた。


「静かにしろ」

「っ……」


 その時、教壇から声が響いた。


 そこには謎の生物がいた。

 見た目は参加者の中にいる蛙男に似ている。
 しかし違う。

 色が、瞳が、雰囲気が。
 何もかもが床に座っている「そいつ」とは全く以て違うものだった。


「我輩……? いや違う。
 一体貴様は誰でありますかぁ!」

 「床」の蛙人間が叫んでいる。
 自分に酷似したその存在に不快感を抱いているのだろう。


「何故貴様らがこんな所にいるのか教えてやろう。 ありがたく思え」

 「教壇」の蛙はひっきりなしに叫ぶ蛙人間の言葉を無視し、話を続けた。






「どういうことコレ……?
 きみ、ケロロ軍曹に似てるけど」


 青髪の女子が「檀上」の蛙に質問する。
 しかし彼はその言葉も耳にいれず、さらに説明を続けた。


「宇宙の生きとし生けるものの基本行動を調査する目的の一環として適用される今回の実験は、
生物同士に共通した行動を取らせる事で発生する生物の極限状態による最終行動のサンプルパターンの収集を目的としている。
 まあ貴様らには理解できんとは思う。
 だから単刀直入に噛み砕いて言ってやる。
 つまりだな……」


 次の瞬間、その蛙が連ねたやや難解な言語の後に口にしたその言葉は、この学校の中の空気を凍りつかせるような一言だった――。




「貴様らには、今から殺し合いをしてもらう」


「えっ……?」



 殺し合い。

 その女子を含め、ほぼ総ての者達が「信じられないっ!」というような顔をしていた。


「貴様らの首に首輪がはめられているのは分かっているな。
 実は「それ」には爆弾が仕込まれているのだ」

「!?」

参加者達が驚愕する中、蛙は更に説明を始めた。

「実験開始後6時間経過時点で吾らは放送を流す」

「その放送の時に死亡者の名前を発表する。それともう一つ。
 『禁止エリア』というものも発表する」

「『禁止エリア』とは指定したエリアへの侵入を禁止するというものだ」

「放送後、そこにいた者は早く脱出した方がよいぞ。 何故なら……」


「貴様らに装着されている首輪の中の内蔵爆弾が破裂するからだ。
 勢いよく、ドカーンとな」


「!!!」

 学校内が一気に緊迫した空気に包まれる。
 「檀上」の蛙はそんな空気を無視し続ける。
 そして蛙は首輪に関しての説明を続けた。


「その首輪の内蔵爆弾使用の目的は、
 先程公言した禁止エリアへの侵入。
 実験場からの逃走をはかろうとした場合。
 無理矢理首輪を力ずくで外そうとする場合などの行為に対し適用される制裁の為だ。
 その意味が分かるな?」


「……分かんねえよ。 そんなの」

 と、一人の青年が席を立った。
 その青年はとても真っ直ぐな瞳をしていた。
 彼は未だに意味が分からないというような顔で蛙に話しかけた。


「そうか」

「……」


「ならば、今ここで貴様に「制裁」を適用する―――」


 そう言って蛙が徐に指を鳴らしたその時、


 ボンッ




 ――と、音がした。

 それは鈍く深い、不快な音だった。
 グチャアと人間が秘める無限の叡智を宿した脂肪の塊が潰れる音も同時進行で流れた。

 さっきまで真っ直ぐな瞳をしていた青年の頭は首を離れ、
 子供部屋に無造作に置かれている玩具のようにそこら辺の床に転がった。


「宮……本……」

 青年が座っていた場所の向かいにいた少年の顔が真っ青になっていた。
 宮本と言われていたらしいそれの友人らしきその少年は思わず気を失った。

 神を失った聖者のように彼はその意識を分断された。


 それはまさに『失神』であった―――






「理解はしたな。
 今から貴様らには支給品を入れたディパックを渡す」


「なんで!? なんでこんなヒドい事するの!?
 なんで殺し合わなきゃなんないのよ!
 何とか言いなさいよ! この人でなし!
 いや、蛙でなし!!」

 茶髪の女子がすかさず蛙に反論する。
 必死に自分の意見を、叫びをその蛙にさらけ出した。

 しかし。
 蛙が出した答えは――


「やむを得ない。 「もう一人」制裁する」

「……!」


 ボンッ


 また、「あの音」がした。
 次に首輪を爆破されたのは蛙に反論した茶髪の女子―――



 ではなく、
 その女子の担任だった。

 茶髪の女子の担任教師、桜井。
 彼女は状況が理解できないまま、蛙の気紛れにより首輪を爆破され――



  死 ん だ


「うわあああああああああああああああああああああああああああ!」

 茶髪の女子は「絶叫」した。
 その気は絶たれ、彼女の瞳には真っ暗な闇が画面いっぱいに映し出された――






 二人も犠牲者が出る中、蛙は何一つその仏頂面を止めず説明を続けていた。


「このディパックは特殊な構造でできており、
 どのような質量の物質も無比重、無質量でディパックに保管する事ができる。
 もし貴様らがいくら支給品をそれに保管しようがそのディパックの容量が限界に達する事は無いので安心するがいい。
 ディパックには予め以下のような物が入っている。
 実験場の地図、参加者名簿、ルールブック、コンパス、懐中電灯、筆記用具、時計、飲料水、三日分の食糧、
 そして個人別無差別支給武器。
 所謂ランダムアイテムというやつだ」

 蛙は更に説明を続ける。

「個人別無差別支給武器。
 それは貴様らを対象とする実験において最も重要となるものだ。
 参加者には無作為に1〜3個、実験に必要な武器が支給される。
 重火器、刀剣類、爆弾や劇薬などの取扱危険物、防弾チョッキ、首輪の探知機など種類は様々だ。
 ただし中には武器では無い不必要な物も入れてある。
 参加者の武器の公平性を表すためだ。
 全てが同じ武器では明らかに公平性を欠くからな」


 蛙はこの後も制限や優勝賞品などの説明をしたが、放心状態の参加者達には聞こえていないようだった。


「深夜の0時になった。
 それでは、実験を開始する」


 参加者達は次々とワープしていった。
 気絶している参加者も、苦虫を噛み潰したような表情をしていた蛙人間も、その他の参加者も、誰もかもがその部屋から居なくなっていた。

 ただ、「檀上」の蛙と二つの首無し死体を除いては。


 深緑色の蛙人間の後ろには、
 まだ他にも人影があった。

 だが、今はまだ説明できそうにない。


 悪夢は、まだ始まったばかりなのだから――



【実験開始】

【主催者】
ダークケロロ@超劇場版ケロロ軍曹3
……他


【宮本広治@撲殺天使ドクロちゃん 死亡確認】
【桜井泉@日常 死亡確認】
[残り100人]


時系列順 001:けろおん!
投下順 001:けろおん!

GAME START ケロロ軍曹 001:けろおん!
GAME START 泉こなた 005:あなたは今どこで何をしていますか?
GAME START 草壁桜 [[]]
GAME START 相生祐子 [[]]
GAME START 宮本広治 GAME OVER
GAME START 桜井泉 GAME OVER
|