※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 島の北部に位置するやや大きな学校。
 そこの二階にある一つの部屋。
 【2-B】の看板が掲げられているその教室に彼はいた。

 小さな緑色の身体と腹部の大きな星が特徴の蛙。
 もとい、宇宙からの侵略者。
 ガマ星雲第58番惑星 宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊隊長、ケロロ軍曹である。

 彼はこの殺し合いに対して大きな憤りを感じていた。

 そもそもケロロは何故自分がこんな目に合わなければならないのかもよく分からなかった。
 いつものように日向家で毎日を過ごしていただけというのに。
 目が覚めたらそこは見た事もない教室。
 しかも目の前に自分に似た誰かが急に殺し合いをしろと言ってきた。
 訳が分からないまま地球人二人の首輪が爆発し教室は血塗れ。
 気が付いたらさっきとは違う教室の中にいる。
 いつの間にか自分の隣りにあった緑色のディパックと共に。
 最初は侵略活動が遅れていたからだとか、ガンプラにうつつを抜かしていたからだとかそんな事を考えたが、結局あの黒我輩(主催者)の策謀だという事で落ち着いた。

 そのまま暫くぼーっとしていたケロロは急にはっとしたと思うとおもむろに自分の辺りを見回した。

 他の参加者。
 特に殺し合いに乗っている参加者には注意しなくてはならない。
 そう本能で感じたからだろう。

 ガンプラを作りかけのまま死ぬのはゴメンだし、殺しもしたくはない。
 とにかく、自分が信頼できる者としかできるだけ接触しないようにしよう。
 と、ケロロは心に決めた。

 いつものように、コトナカレ主義で。
 アウェイアンドアウェイ戦法で。
 できるだけ誰とも会わずに。
 もし参加者の誰かがいてもスルーしよう。

 そう自分の思考を纏めると、ケロロは静かに行動を始めた。




 ☆ け ろ お ん ! ☆



「そんなぁ。 殺し合いなんてできないよ……」

 桜が丘女子高校に通う普通の女子高生、
 平沢唯は怯えていた。
 いつもの学校の音楽室ではない冷たい床。
 怖いほど静かな灰色の床に彼女はいた。

 急に知らない所に連れてこられた挙句、殺し合いをしろと言われた。

「うぅ……怖いよ……なんで?なんで急に殺し合いなんて……」

 唯は頭が混乱していた。
 いつものように学校に行って部活動に勤しんでいたはずだったのに、気が付いたら廊下の隅。
 多くの事を覚えるのが難しい唯が混乱するのは当然のことだったかもしれない。

「うう……誰か来てくれないかな……
 会いたいよ……澪ちゃん……りっちゃん……ムギちゃん……あずにゃん……和ちゃん……さわちゃん……憂……」

 小さな小さな声で大事な人達の名を呼ぶ唯。
 しかしそこには誰もいなかった。
 顧問の山中さわ子も、
 幼馴染みの真鍋和も、
 妹の平沢憂も、
 この殺し合いの参加者ではない。
 無論、このゲームに参加させられている軽音部の仲間、
 秋山澪にも、
 田井中律にも、
 琴吹紬にも、
 中野梓にも、
 必ず会えるという保証はない。

 一人でいる事の寂しさに、思わず唯は涙を流した。




 ☆ け ろ お ん ! ☆


 ケロロ軍曹は教室を抜け、移動を開始していた。
 とりあえずこの学校を出て、どこか隠れられる所を探そうと長い灰色の廊下を慎重に動いていた。

「さて。 参加者名簿は一通り確認したでありますが……
 我輩だけでなく、冬樹殿や夏美殿……そして我輩の仲間も参加させられていたであります……
 それにしてもクルルだけなんで参加させられてないんでありますか……?
 アイツがいればこの忌々しい首輪もすぐに外せたかもしれなかったのにであります……」

 ぶつくさ言いながら廊下を歩いていたケロロは目の前に人間がいるのに気が付いた。
 栗色の髪をした少女だった。
 体はやや小柄で、その顔はまだ若干幼い感じのあどけなさがあった。
 少女は床にぺたりと座り込み、何が起こったのかが分からないといった顔で地面の方を向いていた。

(やっべぇ〜。 あれ参加者じゃん……見た目的に普通の女の子でありますが……
 もしもの事があったら困るでありますなぁ。 厄介な事にならないウチにさっさとトンズラしておくべきでありますかなぁ)

 ケロロの警戒心はまだ抜けきれてはいなかった。
 遭遇した場合なんらかのトラブルが起こると危惧したケロロは、抜き足差し足忍び足で参加者に気付かれないようにこっそりと逆走しようとした。

 だが。

 なぜか放っておけなかった。

 何故かは分からなかった。
 が、何か自分がよく知っている人間に近いものを感じた。

 どうやらその参加者は怯えているようだったので、とりあえずまずは怖がらせないように慎重に声をかけてみることにした。

 この見た目では余計怖がられるか全然怖がられないかのどちらかのように思えるが……

 廊下の隅で蹲る参加者に近付いたケロロは、肩をつつき声をかけた。


「あの〜、そこのキミ〜。 大丈夫でありますかぁ〜?」

「はわっ! か、かえるだっ!」

 唯がケロロに呼ばれて振り返り彼を見た時の第一声がそれだった。


 ☆ け ろ お ん ! ☆


「唯殿と言うでありますか。
 我輩の名前はケロロ軍曹であります……って、ちょっ……唯殿!?」

「かえるが喋ったぁ〜♪ じめじめぺたぺただ〜かわいいぃ〜♪」

 一見ぬいぐるみのようなその風貌の侵略者に興味津々の唯は早速ケロロにスキンシップを始めていた。

「ちょっ……くすぐったいであります唯殿!」


「へぇ〜、宇宙人なんだ〜」
(なんか……話しにくい子でありますな……)

 さっきまでの泣き顔はどこへやら。
 急に元気になった唯にケロロは心の中で汗をかいていた。

「参加者の中に、私の友達がいるんだけど、見てないかな?」
「友達、でありますか?」
「うん! 澪ちゃんとりっちゃんとムギちゃんとあずにゃん!」
「いや、愛称で言われても……」
 ケロロがそう言うと唯はディパックから参加者名簿を取り出しそこに書いてある文字に指を添える。
「ここに書いてあるでしょ?
 秋山澪、田井中律、琴吹紬、中野梓って……この子達なんだけど……
 澪ちゃんは長くてきれいな黒髪でキリッとした顔でかっこいいんだ。
 りっちゃんは短めの髪にカチューシャをしてるんだ。 元気で楽しいんだよ!
 ムギちゃんはクリーム色のきれいな髪をしてて、なんかぽわぽわしてかわいいの!
 で、あずにゃんは黒髪のツインテールなんだ。 ちっちゃくてネコみたいでとてもかわいいんだよ!」
「彼女らのイメージは大体分かったんでありますが、見てないでありますなぁ。
 チカラになれなくてスマナイであります唯殿……」
「なんだ、残念」
 ケロロは唯が危険な参加者ではない事をこの会話の中で確信した。
 寧ろ逆にこのままにしておいた方が唯にとっては危ないのではないかとケロロは感じた。
 こんないい子をこのバカげた殺し合いの犠牲にする訳にはいかない。
 侵略者、ケロロ軍曹はそう思った。

 そしてケロロ軍曹は心に誓う――

 少女、平沢唯を自分の命を懸けてでも守り抜く事を。


「……とりあえず、一緒に行動するでありますよ。
 サバイバルにおいて仲間は多い方が心強いでありますからな。
 なぁに。 唯殿の事は我輩が責任をもって保護するでありますよ」
「本当!? ありがとうケロ太!」
「ケロ太!?」
「ケロロのあだ名! カワイイでしょ!」
「カワイイでありますな! 感謝するであります唯殿!」
「えへへ〜」
 ケロロは唯の純粋さに一種の感動のようなものを感じていた。
 ケロロが地球で始めて出会った日向夏美。
 そして日向冬樹とはまた違った何かを感じていた。

「じゃ、出発するでありますか!」
「よーし! 必ずみんなで脱出するぞー!」

「「おー!」」


 この異色の二人組、
 天然女子高生、平沢唯と
 カエルの侵略者、ケロロ軍曹は
 この理不尽なゲームから脱出すべく立ち上がった。


【E-2/学校/一日目・深夜】
【ケロロ軍曹@ケロロ軍曹】
[状態]:健康
[装備]:帽子、ケロンスター
[道具]:基本支給品、個別支給品1〜3
[思考・状況]
基本:唯を守る
1:唯を保護する
2:支給品の確認
3:学校を出る
4:冬樹を探す
5:ケロロ小隊を集結させる
6:夏美を探す
7:脱出の方法を考える
8:危険だと感じた参加者はスルー
[備考]
※ アンチバリアは効力を失っています。
ケロンスターは威厳を上げる効果以外は制限されています。
秋山澪、田井中律、琴吹紬、中野梓の名前と容姿(ただし唯の言葉から想像したイメージ)を記憶しました。

【平沢唯@けいおん!】
[状態]:健康
[装備]:桜が丘女子高の制服
[道具]:基本支給品、個別支給品1〜3
[思考・状況]
基本:友達と再会する
1:ケロ太といっしょ!
2:軽音部のみんなに会いたい
3:殺し合いなんかしたくないよ……
[備考]
※ 参戦時期はアニメ一期最終回の後。


000:悪夢は突然に。 時系列順 002:おれはねこ
000:悪夢は突然に。 投下順 002:おれはねこ

000:悪夢は突然に。 ケロロ軍曹 [[]]
GAME START 平沢唯 [[]]
|