潔癖症(汚染恐怖・洗浄強迫)スレ @ ウィキ

スレ内での改善法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「強迫性障害は脳の機能障害が関連しており、前頭前野や帯状回など、複数の要因が関連して起きる。
 しかし、発症に至る完全な原因はわかっていない。

 患者の共通点として、元来几帳面であったり、融通が効かずに生真面目な性格傾向が挙げられる事も多い。
 これらの性格と障害の因果関係はよくわかっていないが、このためから過去、完全に心の働きのみが原因となって起きる(心因性という)
 神経症の一種に分類されてきた経緯がある。

 しかし近年、患者の脳を観察すると、 セロトニンなど脳内の神経伝達物質のバランスに異常 が見られることがわかった。
 このため、強迫性障害は脳内部の化学的な働きの不具合によるものと、心理的な要因および体質などが複雑に関係して発症するのではないか
 と考えられるに至った。また双生児研究から、遺伝的な要因を指摘するものもある。」


上記から、セロトニンの分泌量を増やす以下の方法を実践すると良いと思われます。

■セロトニン呼吸法
詳しくは検索するか、以下のホームページで

病院検索JAPAN 健康と医療のコラム
http://www.zero-dr.jp/news/060912-3.html

■早寝早起き
セロトニンは明るい日中に分泌されるので、昼夜逆転の生活には注意しましょう。

■太陽光を浴びる
セロトニンの活性に必要な照度の光を浴びる方法です。
電球などの照度では不十分なので、太陽光を浴びます(当たり前ですが直接見ないように)。
毎日5分から30分、できれば朝に浴びてください。朝でなくとも構いませんが、明るさによって浴びる時間を調整してください。
浴びすぎると逆に抑制してしまうらしいので気をつけましょう。

■リズム運動
ウォーキングやスクワットなどのリズミカルな運動を毎日5分以上行う方法です。
その他にも屋外でできる「踏み台昇降」がおすすめです。


また、「咀嚼」もリズム運動に入ります。食事の際は良く噛むようにしましょう。

■セロトニンを生成する食べ物の摂取
セロトニンは「トリプトファン」という必須アミノ酸と「ビタミンB6」、「ナイアシン」、「マグネシウム」から作られます。
しかし、一方のトリプトファンは体内では生成することができません。
よって、トリプトファンが多く含まれる食物を摂取する必要があります。

トリプトファンが多く含まれる食物
肉、魚、乳製品(牛乳、チーズ)、バナナ、大豆製品(豆腐、納豆、きな粉)、アーモンドなど

ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムの含まれる食物については以下のホームページをおすすめします。



★セロトニンの分泌を増やすだけではなかなか改善しません。
端的に言いますが、「汚れたのではないか」などの強迫観念が沸いてきたら、それを消して安心しようとする行為(強迫行為)を
強い意志を持って我慢してください。ちょっとした我慢から始めて行けばいつの間にか気にならなくなります。
私はセロトニン+我慢で少しずつ改善してきています。
皆さんもこの無駄な不安が浮かび、無駄なエネルギーを消費する地獄の毎日を早く抜け出すべく、一緒に頑張りましょう!(`・ω・´)

名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。