TTG-短距離・サラブレッド・グリーングラス-


TTG…それは1970年代後半に活躍した1973年生まれの3頭のサラブレッドに送られた称号…
トウショウボーイ…テンポイント…そしてグリーングラス…
それぞれ、「T」 「T」 「G」のイニシャルを有するライバル3頭は熾烈な争いで当時の競馬界を沸かせた。
そして、今…そのTTGの意思が現代に受け継がれる時が来た!!


短距離・サラブレッド(Thoroughbred)・グリーングラスとして!!

しかし、どうやら意思はしっかり受け継がれていないようで、距離適性は長距離のままである。
なお、なぜTTGの意思が受け継がれたのか、またどうしてそれが不完全だったのか、原因はいまだ不明である。


余談

※画像は2011年6月重賞シリーズより。 赤線部分とTTGの説明文の一致っぷりを見てみよう!
TTGの意思を受け継ぐためにトロットスター称号を奪い取ったグリーングラス!
だがしかし、そのトロットスターの距離適性は驚愕の短中!!
なんと8勝中6勝を1200mで挙げた真正のスプリンターは厳密にはスプリンターではなかったのだ!
一説によれば、この中途半端さゆえに、グリーングラスはTTGの意思を完全に受けつぐことができなかったようだ…。


TTGといえば・・・
順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 あの時代のスプリントは熱かったなぁ~ 3 (100%)
2 「た」かいくせに「つ」かえない「ゴ」ールド種牡馬 0 (0%)
3 「高」すぎる「ザ」「グ」リーンモンキー 0 (0%)
その他
投票総数 3

以下コメントスペース
名前:
コメント:

添付ファイル