※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「カンマ区切りの文字列を扱う」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

カンマ区切りの文字列を扱う」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 ファイルの読み込みのときに使える!
 
 -[[逆引きRuby(文字列)>http://www.namaraii.com/rubytips/?%CA%B8%BB%FA%CE%F3#l26]]参照
 
 カンマ区切りなど特定のセパレータで区切られた文字列を扱う場合、String#splitメソッドを使うと便利です。String#splitメソッドは引数として与えた正規表現に合致する部分をセパレータと認識し、各フィールドを配列にして返すメソッドです。
 
 (例)
  p "hoge, hero, huga".split(/\s*,\s*/)
  =>["hoge", "hero", "huga"]
 
 #br
 
 空白で区切られた文字列に対しては空白を書き込めばよい
  p "hoge hero huga".split(/\s* \s*/)
  =>["hoge", "hero", "huga"]
 
 
 #br
 #br
 #br
 #br
 #br
 #br