角田和男


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

角田和男とは

  • 角田 和男(つのだ かずお)大日本帝国海軍の軍人、戦闘機操縦士。
  • 最終階級は海軍中尉。
  • 1918年(大正7年)10月11日生まれ。


経歴

少年時代・海軍入隊

  • 1918年(大正7年)10月11日、千葉県安房郡豊田村で農家の次男として生まれた。
  • 高等小学校2年時に海軍予科練習生を受験したが不合格。農業を手伝いながら浪人生活を送り、翌年に合格。
  • 1934年(昭和9年)6月に予科練5期生として横須賀空に入隊。
  • 1937年(昭和12年)8月予科練を卒業し、霞ヶ浦空で飛練を、佐伯空で戦闘機操縦訓練を受けた。
  • 1938年(昭和13年)実戦部隊である大村空、11月には空母「蒼龍」乗組みとなった。

日中戦争

  • 初陣は1939年(昭和14年)11月。「蒼龍」は南支方面に進出、角田らは洋上から南寧攻撃に参加した。
  • 1939年12月、開設したばかりの百里原空で教員勤務。
  • 1940年(昭和15年)2月、12空に転属となり漢口に赴任し、零戦の訓練に当たった。
  • 10月26日成都攻撃に向かう途中、中国軍機の編隊と空戦になり、角田もフリート練習機1機を撃墜したのが初撃墜。
  • 11月には内地に帰還し、筑波空の教員となった。

太平洋戦争

  • 1942年(昭和17年)4月1日、海軍飛行兵曹長に昇任し、横須賀海兵団で准士官学生教育を受けた。
  • 5月31日、開隊したばかりの2空配属。
  • 1943年(昭和18年)6月、角田には内地帰還命令が出て厚木空練成教官となった。
  • 1944年(昭和19年)3月、252空に転勤、戦闘302飛行隊分隊士として館山・三沢で隊の練成に当たった。
  • 5月に海軍少尉任官。
  • 11月6日エンジン故障で不時着したニコルス基地で急遽、特攻隊に編入された。
  • 15日、特攻配置として201空に編入。
  • 1945年(昭和20年)2月5日、戦闘317飛行隊に配属された。
  • 5月には海軍中尉に任官。

戦後

  • 1946年(昭和21年)元旦実家に帰宅した。
  • 11月、茨城県開拓隊に入り火山性土壌の山林開墾に従事。
  • 1964年(昭和39年)暮れに人の住家らしきものに入居。生活に余裕のできたこの頃から各種戦友会に入会した。
  • 1974年(昭和49年)、農閑期には遺族探し・訪問を行うようになった。
  • 戦友会世話人として、南方各地の戦地に遺族を案内し現地慰霊祭を行った。


外部リンク

戦争体験者インタビュー動画・角田和男さん(NHK戦争証言アーカイブス)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。