角田駅


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

角田駅とは

  • 角田駅(かくだえき)は、宮城県角田市角田にある阿武隈急行線の駅である。
  • 阿武隈急行線内で最も乗車人員が多い駅である。
  • キャッチフレーズは、「梅花の里」。


駅構造

  • 相対式ホーム2面2線の地上駅で、2つのホームは跨線橋で結ばれている。
  • 阿武隈急行線内唯一の跨線橋がある駅である。
  • 両方向に折返し運転が可能な構造で、早朝に当駅始発福島行、深夜に福島発当駅終着の列車(福島発・富野以東行最終便)が設定されている。
  • 終日社員配置駅。
  • 出札窓口・自動券売機2台設置。


歴史

1968年(昭和43年)4月1日 国鉄の駅として開業。旅客のみ取扱。ホームは1面1線。
1986年(昭和61年)7月1日 阿武隈急行に転換。交換設備および2番線ホーム設置。
1996年(平成8年) 7月   駅ホーム跨線橋完成。
1998年(平成10年)4月   現在の新駅舎が完成。
2002年(平成14年) 「宇宙に拓かれた町の、未来的フォルムの駅」として、東北の駅百選に選定される。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。