日朝首脳会談―政府間交渉略図


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

政府間交渉略図

第一次訪朝実現まで

①ミスターx→外務省へアプローチ 2001.9

北朝鮮国防委員会の所属の軍関係者ミスターx、「たった10人のことで!」で有名な槇田邦彦アジア太平洋州局長に接触。この後任が田中均氏。政府全体にはxに対する不信感があった

10月 ミスターx→田中均

福田康夫官房長官:よくわからないが慎重にやろう
野上義二外務次官:同時多発テロへの対応が優先、田中真紀子外相のもとでうまくやれるか・・・


②2001年12月22日、中国EEZ内で不審船(=北朝鮮の工作船である)沈没事件

x:核と弾丸ミサイルは米国との問題で日本関係なし
田中均:↑も安全保障にかかわるんだが・・・。それが進展しなければ日朝関係も進まないよ

ここで北朝鮮の宗主国中国での日本の不審船引き揚げについて、xが黙認したため、これは本気かもしれんという感触を得た

田中均:中国の軍艦に囲まれたらまずいんで・・・
防衛庁幹部:さっさと引き揚げ汁!

結局福田官房長官が中国と調整して02年9月11日に引き揚げ


③2002年1月29日 米ブッシュ大統領「イラン・イラク・北朝鮮は悪の枢軸」発言

つまりこの3国には軍事も含めてあらゆる選択肢を排除しない。


④2002年2月12日 北朝鮮、元日経新聞記者を解放

田中均:X、あなたが信用できる人物なら、証として無条件解放してあげなさい
xは条件をのんで解放

田中均:条件が整えば、総理の訪朝もあり得る
x:いくらだ
x:私は命懸けだ。田中さんも我々と戦争する?


ここで、植民地支配の「補償」額を具体的に示させようとしたが、日本側の条件を受け入れさせるべく、小泉の方針を示してxを説得

・拉致の事実を認めて謝罪し、被害者の情報を出す
・過去の清算に対して、北朝鮮側が戦前・戦中の財産請求権を放棄し、経済協力で解決する=韓国と同じ


小泉純一郎首相:日本人を拉致した事実を北朝鮮が認めて謝罪し、拉致被害者の情報を明らかにすることが国交正常化の前提条件だ。絶対に譲歩するな!譲歩してまでやる気はない、もう一度言ってきてくれ

 


⑤2002年5月8日 日本総領事館で脱北者5人が中国に連行

xは小泉首相の条件を飲まなかったが、7月には大筋で合意した

小泉純一郎首相:拉致被害者が一人でも帰国できるなら、私が平壌へ行こう!


⑥02年7月31日 ASEAN地域フォーラム ブルネイ日朝外相会議

6月に、北朝鮮が韓国高速船へ銃撃した事件で韓国に「遺憾の意」を表明。これに対して田中均は「こんな時期にこれは困る」とxに要求してこのフォーラムが実現

田中均:小泉首相の訪朝を正式ルートに乗せるためのステップとして機能している

白南淳外相:(川口順子外相に)近くて遠い国が、近くて近い国になりましたね

ところが、北朝鮮から法外な補償額をぶつけられ、日本は最終的に過去の植民地支配の謝罪、「拉致」文言の削除で譲歩せざるを得なくなった。
この形で日朝平壌宣言の原案を作成

小泉首相:外務省でこの件を知っているのは外相、次官(野上の後任竹内行夫氏)、田中、平松(北東アジア課長)の4人だけだな。絶対、それ以外には話すな

8月21日 外務省の幹部会議(場所は次官室)、ここではじめて外務省に原案を見せる

田中均:秘密裏にやって申し訳ない
谷内正太郎総合外交政策局長:拉致の文言がないじゃないか・・・
田中均:それは別途、やってますから
海老原紳条約局長:こんな大事なものを何で私に説明なしにやるんだ
田中均:首相の指示ですから

9月17日当日これを知らされた安倍晋三官房副長官は唖然とさせられたという


⑦2002年8月26日 日朝外務省局長級協議

北朝鮮の日本重視の姿勢

8月24日田中均、林景一条約局審議官に小泉メッセージ「日本は日朝国交正常化と日朝間の諸懸案の解決に真摯に取り組む。北朝鮮も真剣に、誠意をもって取り組んでほしい」が伝わる

馬哲スアジア局長:小泉首相に訪朝していただけるなら歓迎する
田中均:拉致問題が進展しない限り、日本の北を見る目は厳しい

協議終了後、北朝鮮外務省で姜ソク柱第1外務次官との会議。以下のセリフでますますいけるぞと手ごたえ

姜ソク柱:小泉首相のメッセージは、特別列車で移動中の将軍様に伝えました

平壌で田中均は記者会見、以下3つの方針

・時限性―国交正常化交渉再開の是非を1カ月以内に出す
・包括性―過去の清算を他の懸案と一緒に解決する
・政治的意思―両首脳による政治的判断で日朝間の懸案事項に取り組む


⑧米国との調整

2002年8月1日 ブルネイ日米外相会議

パウエル国務長官:(川口外相に)北朝鮮には従来と違う核疑惑がある

8月27日小泉本人が来日中の、アーミテージ国務副長官、ベーカー駐日米国大使に言う。当然米国内では核抜きで正常化など懸念が広がったが

ブッシュ大統領:ジュンイチロウが決めたことだから(それ以上言うな)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。