動的Profileを使用したロギング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常のロギング処理では、各メソッドの呼び出し開始時、終了時にそれぞれLog4jなどを利用して出力する。
場合によってはフレームワーク側である程度のログ出力制御を行なっているものもあるが、実際のモジュールでのメソッド実行や引数、返り値の確認は各モジュールにログ出力処理を組み込むことで行うことになる。

その為、リリース前(もしくは単体テスト完了時等)に不要なログ出力の抑制の為に、「単体テストの完了している各モジュールに修正を行う」事になってしまう。

これらは抽象クラスと動的Profileを利用する事で影響を最小限に収めることができる。

【サンプル】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。