ドラフト戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラフト戦

推奨人数:3~6人

ルール
1.各人が6匹のポケモンを用意する。(交換を挟むため、おんがえしとやつあたりは禁止)
2.ポケモンはある程度まともなものであること。(対戦考察まとめwikiに乗ってるレベルを基準)
3.ピックを行う。(以下に例。本家ブードラに近く、公平性があると思われる)
4.ピック終了後、各人選んだ6匹を公開し交換作業。(交換の過程と回ってきたポケモンで相手のPTの確定は行えるので公開推奨)
(ポケモンには道具を持たせないこと)
5.各人、自分のポケモンに道具を持たせる。(相手のPTが見えているため対戦毎ではなく、この時点で道具は固定)
6.対戦を行う。


ピック手順例
プレイヤーABCの3人として、

A[a1,a2,a3,a4,a5,a6]
B[b1,b2,b3,b4,b5,b6]
C[c1,c2,c3,c4,c5,c6]

と、ポケモンを用意したとする。

何らかの手段で順番を決める。(A→B→Cと決まったとする)

各人、一つ下の順番のプレイヤーに自分の用意した6匹のリストを渡す。

Aが[c1,c2,c3,c4,c5,c6]
Bが[a1,a2,a3,a4,a5,a6]
Cが[b1,b2,b3,b4,b5,b6]

のリストを持っている状態となる。

自分の欲しいポケモンを選び、それ以外のリストを次の人に回す。(全員同時に)
この際に、選んだポケモンを教える必要はない。

各人a1,b1,c1を選んだとすると、次には

Aが[b2,b3,b4,b5,b6]
Bが[c2,c3,c4,c5,c6]
Cが[a2,a3,a4,a5,a6]

のリストを受け取ることになる。

これを繰り返し、6匹のPTを決定する。

この手法だと、自分の用意したポケモンを選ぶ機会が一番後になるため、戦略性が増すと思われる。