※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダーク◆DARK/hZg1Q


概要


スロット板出身の固定である。登場時期は2005年。
新分野一味?(リンク未作成;;)として名を連ねる一方で、新分野関係以外の固定との交流が現在では主流となっている。
higherとは犬猿の仲であり、鮎こと共に反higher固定として名高い。
更に反バフェットの発言も展開しており自らの敵には容赦ない雰囲気が漂う。
ただし自身の交流固定に対しては、そこまで敵対的なイメージや反発を匂わせるようなイメージはなく
噛みつかれなければ普通の馴れ合い固定ではないかと思われる。

higherとの明確な差は鮎こ曰く
「ダークは既婚者、ハイヤーは独男だし。これは、ハイヤーはリアルに置いて付き合う価値のない人間だって事でそれが掲示板にもあらわれてるよね。」
これには童貞固定の筆頭格であるぁぃこさんの心に衝撃を与えた。
確かに納得できるような、気がする。うん。多分ね!

またとゲイ仲間にされるのを嫌がっている。

だ~くないと☆


ピエロのような不気味なメイクを施した「higher」と名乗る正体不明の犯罪者がジコイタ・シティに現れ、その日も白昼堂々と銀行強盗をやってのけると姿をくらました。

一方、バットマンことダークはジコイタ市民を守るべく、毎夜悪と戦い続けていた。しかし、悪の芽をいくら摘み取っても、ジコイタに真の平和が訪れることはなかった。
ダークはジコイタ市警の警部補と協力して、マフィアの資金洗浄元である銀行を摘発するという手段に出る。
市警に潜む内通者の存在で一時は失敗も危ぶまれたが、新任の地方検事新分野の後押しもあり、ついにマフィアの資金源を断つことに成功する。

ダークと違い、姿を晒して正々堂々と悪に挑む新分野。そんな新分野の姿に、ダークは彼こそジコイタが求める真のヒーローだと確信し、バットマンを引退しようと考え始める。
かつての幼なじみである地方検事補鮎こに未だ想いを寄せるダークは「バットマン引退の瞬間」こそ彼女と結ばれる時であると信じていたが、一方の鮎こダーク新分野との間で揺れ動いていた。

その頃、資金源を断たれて悩むマフィアたちの前にhigherが現れた。
higherは彼らの全資産の半分を条件に、大胆にもダーク殺害の提案を持ちかける。
罪なき市民や警官を次々に殺害し、さらには市長暗殺を企ててダークを追い詰めるhigher
これまで自身のルールに従って犯罪と戦ってきたダークは、「秩序」を一切持たないhigherに苦戦を強いられるが、higherの真の目的は金でもダークの命でもなかった。
higherの唯一の目的、それは「恐怖」と「混沌」をもたらし、固定の「本質」をさらけ出すことだったのだ。

名言


「誰もよっぽどの事がない限り初めから嫌われるって事はないと思うよ
イテもハイヤーも嫌われるような書き込みするから
自然に嫌われるんじゃない?
事実二人とも俺は最初普通に絡んでたし
自らバリケード張って俺はこうだ私はこうだって
他人が「それ違うんじゃない?」と指摘しても意固地になるんだから嫌われて行くのは明白だよね
もうちょい柔軟剤があれば綺麗に洗い落とせると思うよ

ハミング渡しといて☆ 」


スキル



所属



交流固定




コメント



名前:
コメント:

  • ダークの44%は果物で出来ています。
  • ダークの25%は純金で出来ています。
  • ダークの14%は砂糖で出来ています。
  • ダークの10%は欲望で出来ています。
  • ダークの4%は食塩で出来ています。
  • ダークの2%は税金で出来ています。
  • ダークの1%は鍛錬で出来ています。

-



お知らせ

特にありません^^

ニュースカテゴリ新着