※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終末論/対神徳

終末論

1. 歴史的-文化的文脈

1.1. 今日のキリスト教終末論の哲学的文脈
  1. 近代における歴史考察
  2. 未来への展望の進展
1.2. 現代の文化的文脈
1.3. 諸宗教の文脈
  1. 現象学的見方
  2. 偉大なる宗教たち

2. キリスト教の終末論思想の発展

2.1. 原始教会における終末論思想の発展
  1. 初期神学における肉の復活
  2. 来世思想の発展:個人レベルと共同体レベル
2.2. 中世の終末論:フィオレのヨアキム
2.3. 中世終末論の終焉:ルター
2.4. 現代の議論
  1. 結果としての終末論
  2. 弁証法的読解の鍵
  3. 現実化された終末論
  4. 全体的発展の鍵としての終末論:Theilard de Chardin
  5. 倫理学の鍵としての終末論

3. 聖書的終末論

3.1. 旧約の終末論
  1. 旧約終末論の流れ
  2. 個人:報いの問題
3.2. 新約の終末論
  1. イエスと終末論
  2. 復活後の共同体の終末論
  3. パウロの伝統
  4. ヨハネの伝統
  5. 黙示録の書

4. 組織終末論

4.1. 死の終末論
  1. キリスト教の死の見方をめぐる問題
  2. 死と怖れ
  3. 死と罪
  4. 最期の決断の仮説
  5. 死の神学的意味
4.2. 中間の状態:煉獄と転生
  1. 中間の状態の問題
  2. 煉獄
  3. 転生をめぐる疑問
4.3. 審判、断罪、最終的救済
  1. 審判
  2. 永遠の断罪
4.4. 歴史の終焉としての来臨

対神徳

1. 信仰経験

1.1. 宗教的態度としての信仰
1.2. 生の経験としての信仰、知としての信仰
1.3. 深くパラドクシカルな経験としての信仰
1.4. 複数経験としての信仰
1.5. 有益な経験としての信仰:信仰の有益性
1.6. 認知科学の信仰へのアクセス

6. 共同体存在としての人間.愛の人間論

6.1. 共同体と愛の考察
6.2. 人間論の問題としての人類愛
6.3. キリスト教の愛概念の複数性と議論
6.4. キリスト教における愛徳の特権的地位
6.5. キリスト教の愛の思想の基本ライン