※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時課

第一章 聖書における祈り

1 イスラエル 祈りを知る民

1.1 祈りの内容と文学形式
1.2 祈りの環境設定
1.3 イエスの祈り
1.4 原始教会における祈り
  1. 祈りの場所と時
  2. 原始教会の祈りの内容

第二章 教会の祈り(二-十四世紀)

1 使徒的共同体

2 三世紀の教会におけるキリスト教の祈りの内容

2.1 常に祈ること
2.2 時へのキリスト教的意味の付与

3 聖務日課の初期の構造

3.1 司教座における聖務日課
3.2 僧院の聖務日課
3.3 僧院のそれと一体となる民の聖務日課

4 聖務日課の衰退

4.1 私的祝儀への移行
4.2 十六世紀から第二ヴァティカン公会議までの諸改革
  1. クイニョネスの聖務日課書
  2. 聖ピウス五世の聖務日課書
  3. 聖ピウス十世の聖務日課書
  4. 第二ヴァティカン公会議の時課

5 時課の構造

5.1 時課への招き
5.2 讃歌と晩課:日々の祈りの要
  1. 朝の讃歌
  2. 晩課と夕の祈り
5.3 講読
5.4 三時課、六時課、九時課
5.5 終課

6 時課の神学

6.1 名称
  1. Breviarium
  2. Opus Dei
  3. Officium divinum
  4. Sacrificium lodae
  5. ore canoniche
  6. 時課
6.2 時課 救済の神秘の教会的讃美
  1. 時課 救済の神秘の祝儀
  2. 時課とエウカリスティア
  3. 時課と典礼年
  4. 人生と共に豊かになる祈り
6.3 霊性的視野における時課
  1. 定型表現と祈り
  2. Opus Dei と個人の祈り
  3. 個人と共同体
  4. 観想的祈り