※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

典礼年

1 Sacrosantum Concilium における典礼年
2 典礼年の現行の構造
3 歴史の変遷における典礼年の構造

第一章 時の様々な概念

1 時の社会的構成と計測

1.1 循環的時
1.2 直線的時

2 宇宙的時-歴史的時-聖なる時

3 聖書における時

3.1 旧約における時の概念の多様性
3.2 救済の時とその歴史的側面
3.3 典礼の時

第二章 “教会のためのキリストの神秘”の祝儀

1 週の復活

1.1 主日の起源

1.2 主日の歴史

1.2.1 最初の数世紀における主日の復活祭的-秘跡的-教会的現れ
1.2.2 規則的/個人的意味での主日の発展

1.3 主日の神学

1.3.1 復活の秘跡としての主日
  1. 復活の記念としての主日
  2. 復活の実現としての主日
  3. 永遠の復活の預言としての主日
1.3.2 主日の祝儀
1.3.3 司牧における主日の諸価値

2. 年の復活

2.1 歴史的概観

2.1.1 使徒の時代
2.1.2 二-四世紀
2.1.3 四世紀以降

2.2 復活の聖三日の始まり:聖木曜日

2.3 聖三日の初日:聖金曜日

3 復活の五十日

3.1 歴史的発展

3.2 復活の時の典礼的祝儀

3.2.1 昇天祭
3.2.2 聖霊降臨祭

4 復活の準備:四旬節

4.1 歴史的概観

4.1.1 枝の主日
4.1.2 聖木曜日

4.2 現行の四旬節:構造

4.2.1 四旬節の主日

5 聖誕祭の期間-顕現節

5.1 顕現節

5.2 聖誕祭

5.3 二つの祝祭の内容

5.4 聖誕祭の神学

5.5 聖誕祭の祝儀

5.5.1 聖誕祭のミサ
5.5.2 聖誕祭の八日間
5.5.3 プレゼピオ

5.6 顕現節の祝儀

5.6.1 西洋における顕現節
5.6.2 東洋における顕現節

5.7 主の現れ

6 待降節


第三章 聖人の祝祭

  1. 殉教者への崇敬
  2. 聖人崇敬
  3. 至聖なるマリア、神の母の崇敬

第五章 結び:典礼年の神学

  1. 典礼年とは
  2. 典礼年の主役としてのキリスト
  3. キリストのまねび
  4. キリスト教徒の秘跡的人生
  5. 典礼年における主の現れ
  6. 典礼年とエウカリスティア