※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キリスト論

第一部 使徒、教父、公会議から受け継ぐ<<福音>>

第一章 新約におけるキリスト論

1. 多性における一性、発展の中の継続
2. 聖書における新約キリスト論の根拠
  1. <<キリストは私が伝えるあのイエスである>> (Act 17,3)
  2. イエス・キリスト、イスラエルの希望の完遂
3. 新約キリスト論の発展過程と要約
  1. <<私はアルファにしてオメガ、最初にして最後、初めであり終わりである>> (Ap 22,13)
  2. キリストの来臨からその先在へ
  3. キリスト論的信仰の定型句。いくつかの例。

第二章 信仰のキリストから歴史のイエスへ

1. 原典史料
  1. 異教の著作家とフラヴィウス・ヨセフス
  2. 福音書正典
  3. 外典
2. 福音研究の指針
3. 諸データ
  1. 生まれと知られざる時代
  2. 公的生涯、死、復活
4. 生活形式

第三章 地上のイエスの宣教

1. 公的生涯の始まり
  1. 洗礼者ヨハネの宣教
  2. イエスの洗礼とメシア叙任
  3. メシアの誘惑
2. 神の国の福音
3. 神の国の救いの多様性
  1. 奇跡
  2. 神の国の賜物

第四章 メシアとしてのアイデンティティ

1. 終末の預言、神の霊の充溢
  1. <<偉大なる>>預言者
  2. 拒絶される者、迫害される者
  3. 神殿破壊という象徴的行為
2. <<神の命>>の教師
  1. イエスの倫理:トラーの完遂と超克
  2. 知恵の書的・終末論的倫理:地上の富の福音的利用
3. <<あなたはキリストです>> (Mt 22,16)
4. 人の子とヤハウェのしもべ
5. <<花婿>>
  1. 花婿と断食
  2. 神の国と婚礼
6. 聖霊の内に生きる神/アッバとの関係
  1. 一性と相互性において生きられる関係
  2. 父の慈愛を顕わす<<子>>
  3. 祈りの文脈において
7. 終わりとなる始まり、しもべとなるメシア

第五章 受難と十字架の死

1. 十字架の死:事実から解釈へ
  1. 十字架刑
  2. <<十字架の言葉>> (1Cor 1,18)
2. エウカリスティアの始まり
  1. 自己贈与と赦し
  2. 最後の晩餐の<<心>>
3. ゲッセマネの苦しみ
4. 十字架の上で

第六章 イエスの復活と称揚

1. 復活のイエスとの出会いからその同定へ
2. 解釈の語彙
3. 神により復活し高められたイエス
4. 主イエスの身体.<<新しい>><<永遠の>>命の場所かつ泉
  1. 復活のイエスの霊的にして栄光なる身体
  2. 主と人類および世界との関係
5. 復活と来臨

第七章 イエス・キリストの人性と神性の真理

1. 信仰のしるしと公会議
2. 神の子の受肉の真理
  1. グノーシス主義とキリスト仮現説
  2. 使徒的教父の応え:いくつかの例
  3. リヨンのイレネウス
  4. テルトゥリアヌス
  5. オリゲネスとケルスス
3. アレクサンドリアとアンティオキアの神学学派
4. 三位一体の神秘の文脈におけるキリストの真の神性
  1. 三位一体論を背景とする異端
  2. アリウス派
  3. ニケア公会議(325)
5. <<真の神>>にして<<真の人>>たるキリストの位格の定義
  1. み言葉と人性の関係
  2. ラオディケアのアポリナリス
  3. 対アポリナリス
6. コンスタンティノポリス公会議(381)
  1. 聖霊の神性をめぐる四世紀の議論
  2. コンスタンティノポリス信教

第八章 位格の一性と本性の二性.エフェソス公会議(431)から第二ニケア公会議(787)へ

1. エフェソス公会議(431)
  1. キリルスからネストリウスへの二通目の手紙
  2. エフェソスの教え:キリストにおける一性
2. カルケドン公会議(451)
  1. 単性論
  2. 教皇レオ一世のキリスト論教義
  3. カルケドン信教
3. カルケドン公会議の教義の異議、抗弁、解釈
  1. ゼノンのヘノティコン(統一令) ユスティニアヌス帝の介入
  2. 第二コンスタンティヌス公会議
4. キリストの二つの働き、二つの意志
  1. 単勢力論と一神論
  2. マクシムスの教義。単意説の断罪。
  3. 第三コンスタンティヌス公会議(681)
5. 第二ニケア公会議(787)
  1. 像の問題
  2. 像の反対者
  3. 像の支持者
  4. 第二ニケア公会議(787)

第九章 教父の学派

1. ニュッサのグレゴリウスの教義原理
2. アウグスティヌス(354-430)のキリスト論
  1. 受肉による人性において顕わされる神
  2. キリストはご自身と御父とへ導く:受肉と媒介
3. ヨハネス・ダマスケヌス(650-750頃)
  1. 三本のキリスト論的説教
  2. 主の変容の説教
  3. キリスト教的説教の意味

第二部 組織キリスト論の要点

第十章 イエス・キリストの信と神の神秘

1. イエス・キリストが呼ぶ神
2. キリスト論と三位一体神学の関係
  1. キリスト論により整えられた神の話
  2. 経済的三位一体から内在的三位一体へ
  3. 三位一体論的一神論
3. 神および子としてのイエスのアイデンティティ
4. 受肉の啓示的側面
  1. イエス・キリストは真理および神への道である
  2. 受肉した御言葉はご自身と御父を表す
5. イエス・キリストと霊の関係

第十一章 イエス・キリスト <<完全なる仲立ちにして救い主>>

1. 世界救済の神の意志とキリストにおける救い
  1. 救済の普遍史と個別史
  2. 契約の歴史としての救済史
  3. イエス・キリストは全世界の唯一の救い主である。
2. 救済受け入れの条件
  1. 信仰
  2. 隣人愛
3. 仲立ちという観点からのキリストにおける救済
  1. 仲立ち
  2. キリストの仲介の解釈.上昇・下降、二方向の動きから
4. キリストの光における人の神秘
  1. キリスト論と人間論の関係
  2. 人の模範としてのイエス・キリスト
  3. 神はキリストにおいて人に恵みする
  4. キリストの光における人の召命
5. <<死者の復活>>

第十二章 イエス・キリストにおける救済と宗教間対話

1. 公会議およびポスト公会議の教え
  1. 第二ヴァティカン公会議
  2. 教皇庁文書 <<対話と告知>>
2. 教会と他宗教における、聖霊を介してのキリストの働き
3. キリストの世界救済に奉仕する教会
  1. キリストの仲介の光における教会と神の国
  2. 成就の待望.神の国の発展.
4. 他宗教の救済

第十三章 イエス、<<女から生まれた>>神の子 (Gal 4,4)

キリスト論とマリア論
1. 受胎告知の語り
2. Lumen Gentium 第八章
  1. キリストの歴史-救済の経済における処女マリア
  2. マリアと御子イエスとの合一
  3. 幸いなる処女マリアの救いの業への協力
3. 聖なる三位一体と処女マリア
4. 無原罪の宿りと神の母性の恩寵
5. 復活の救済的恩寵に参与し、天で栄光を受ける無原罪のマリア
6. 幸いなる処女マリア、霊的崇敬の教会モデル

第三部 霊的理解の深化

第十四章 観想的キリスト論へ

1. キリスト論的反省と信仰経験
2. 愛から生まれる真理に身を任せる
  1. 霊的感覚を通して<<創られずして受肉し霊を吹き込まれた御言葉>>を知る
  2. <<キリストへの魂の歴程 itinerarium mentis in Christum>>

第十五章 <<キリストの肉の神秘>>とその気持ちの共有

1. 典礼と生活
  1. 復活の神秘への参加
  2. 典礼の役割
2. イエスの気持ちの<<物語的>>読解
3. 十字架上のキリストとの一致
  1. イエスの十字架の元に集う教会のイコン
  2. エウカリスティアの祝儀のイコン
  3. 殉教者のイコン
4. フランシスカンの<<歴程>>:ボナヴェントゥラの教え

第十六章 婚姻の霊にしたがったキリストにおける生

1. キリスト論的教会論
2. 霊的経験と婚姻の比喩

結び