※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

信仰・神学序論

1. “神学”の概念

1.1. 神学の語源
  1. ギリシャ-ローマ世界
  2. 新約聖書
  3. 初期キリスト教
  4. 東方キリスト教
  5. 西方キリスト教
1.2. 神学の性質-神学とは
  1. 広義
  2. 狭義
  3. 神学の条件:信仰
1.3. 神学の対象-何を扱うか
  1. 神中心主義的提題
  2. キリスト中心主義的提題
  3. その他の特徴
1.4. 神学の主体-誰が行うか
  1. 共同体的意味での主体-教会
  2. 個人的意味での主体-神学研究における理性と信仰
1.5. 神学の言葉-どう語るか
  1. 近代言語哲学
  2. 近年の哲学
  3. アナロジー
1.6. 学問としての神学
  1. 問題の所在
  2. トマスの提題
  3. トマスの答えの検証
  4. 神学と学問

2. 神学の方法

2.1. 実証的方法 auditus fidei
  1. 実証的方法の性質
  2. 神学の場
    ・ 聖書 traditio costitudiva
    ・ 伝統 traditio interpretativa
    ・ 信仰感覚、教導職、神学
  3. 実証神学の目的
  4. 研究の方法
2.2. 思弁的方法 intellectus fidei
  1. 神秘の知
  2. 中世の神学概念としての思弁
  3. 思弁的方法の特徴:演繹的方法
  4. 思弁の課題
2.3. 二つの方法の融合

3. 神学の諸学問

3.1. 護教論神学から基礎神学へ
3.2. 教理神学
  1. Optatam totius の定める教理神学
  2. 新しい方向付け
3.3. 聖書神学
3.4. 教父神学と教父文献学
  1. 教父神学
  2. 教父文献学
3.5. 典礼神学
  1. 典礼
  2. 典礼神学
3.6. 道徳神学
  1. 道徳神学と教理神学
  2. 第二ヴァティカン公会議の展望
  3. Optatam totiusuの定める道徳神学
  4. 現代道徳神学の諸考察
3.7. 霊性神学
  1. 定義
  2. 霊性神学と現代神学
3.8. 司牧神学
  1. 司牧神学の原理
  2. 司牧神学の内的構造
3.9. 伝道神学
  1. 伝道神学
  2. 伝道
3.10. エキュメニズム神学
  1. エキュメニズムのカトリック的原理
  2. エキュメニズムと神学
3.11. 教会の法
  1. その概念と性質
  2. 新しい方向付け
3.12. 教会の歴史

4. 神学のモデル

4.1. 様々なモデル見取り図
  1. Seckler
  2. Lafont
  3. O'Collins
  4. Coda
4.2. 聖書と神学
  1. 第一神学としての聖書
  2. 聖書における神学モデル
4.3. 各時代の神学モデル
  1. グノーシス・知恵の書モデル
  2. 中世のスコラ主義モデル
  3. スコラ主義-実証主義モデル
  4. 現代神学の歴史学-解釈学モデル

5. 二十世紀の神学と第二ヴァティカン公会議からの転換

5.1. 歴史的概要
5.2. 第二ヴァティカン公会議からの転換
  1. 三位一体論的地平
  2. キリスト論的方向付け
  3. 教会論的位相
5.3. 現在の傾向と問題
  1. 解放の神学
  2. フェミニズム神学
  3. 諸宗教の神学
  4. 神学と教導職
5.4. 二十世紀の神学者たち
  1. J. Daniélou
  2. H. de Lubac
  3. H.U. von Balthasar
  4. K. Rahner
  5. P. Rossano
  6. J. Dupuis
  7. H. Küng

6. キリスト教の偉大な神秘

6.1. 三位一体の神秘
  1. 問題の所在
  2. 聖書における三位一体
  3. 神学における三位一体
  4. 今日的理解における三位一体の神秘
6.2. 人間の神秘
  1. 聖書における人間の神秘
  2. 神学的人間論の歩み
6.3. アダムとイヴによる原初のイコン
  1. イコンの陰:原罪
  2. イコンの修復:罪からの解放と親子関係