※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基礎道徳学

概要

  1. 倫理と道徳の関係、哲学倫理と道徳神学の関係。
  2. 道徳、法、宗教の関係。
  3. 人間学と道徳の関係。
  4. 倫理と宗教の関係。

道徳神学史

  1. 一世紀- ヘブライズム
  2. 四世紀- ヘレニズム
  3. 十三世紀 大学/托鉢修道会/アリストテレス
  4. 十四世紀- ルネッサンス/宗教改革
  5. 十八世紀-
  6. 第二ヴァティカン公会議後

道徳の基礎

  1. 哲学
    -分析哲学
    -自民族中心主義と他律倫理
    -マルクス主義
    -実存主義
    -人格主義
    -フランクフルト学派
  2. 聖書
    -旧約
    -新約

キリスト教道徳


道徳行為

自由

  1. 自由とは、他者への開け。道徳行為を可能にするもの。自己実現を可能にするもの。
  2. 自由の三側面:心理的側面、道徳的側面、福音的・救済的側面。
  3. 道徳行為および道徳責任の諸条件。

責任

  1. 道徳責任は愛への応答
  2. 人(行為主体)とその行為:根本選択、態度、慣習、行為の四つのカテゴリー。
  3. 人の行為の要素:環境、行為それ自体(客観面)、目的(個人の意図。主観面)。
  4. 行為評価の原則:予測可能性、道徳的可能性。最少悪の原則、全体性の原則。

自覚 coscienza

  1. 自覚は神と人との対話の場。
  2. 自覚の要素、自覚のタイプ。
  3. 識別 discernimento から自覚へ。
  4. 自覚と自我意識 autocoscienza。
  5. 自律倫理と他律倫理。
  6. 自覚の形成と逸脱。

道徳法

道徳法の概念

  1. 規範=価値+社会的文化的環境。
  2. 価値・法・義務を通しての神の呼びかけ、法と自覚による人の応答。
  3. 道徳法と道徳規範。
  4. 様々な法:永遠の法、自然法、啓示的法(福音、キリスト自身)。

啓示道徳法

  1. 聖書にみる道徳法。
  2. 神学的考察における道徳法。
  3. 十四-十六世紀における概念の変化。

自然道徳法

  1. 自然法否定の傾向
  2. 誤った自然法理解
  3. 自然法の定義

市民法

  1. 道徳法との関係

教会の法

  1. 教会の生としての道徳的生活
  2. 教会の指導と道徳
  3. 教皇庁
  4. 教会の実定法(教会法)

罪の概念

聖書にみる罪

神学的考察における罪

罪から回心へ


徳の概念

キリスト教の徳

  1. 徳の結びつきと複数性:対神徳と道徳
  2. 賢明 prudentia