美希 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




仮眠室のベッドで起きて時計を見てから転がるようにベッドを降りる
しわくちゃになったYシャツを替えてスーツとコートを着て食べ物をつかんで事務所を飛び出す
約束は8時、家に寄って着替える時間はない
寝起きで冴えない頭に喝を入れるため事務所から持ってきたレモンをかじり、ウィダーを流し込む
ゴミ箱の横を通るときに食べ物のゴミを捨て待ち合わせ場所で待つ
周りを見てまだ来てない事にほっとしてベンチに座る
今年もあわただしい誕生日が始まる


約束の8時ちょうどに美希が来た
しっかりと変装をしてきたので俺が気付かないとでも思っていたのか、見つけて手を振ったら少し驚いていた
服を見に行ったりゲームセンターではしゃいだ後に昼食
公園のベンチに座りどこにしまってたのか美希が小さめのバスケットを取り出した
中を見るとちょっと形の不自然なおにぎりとサンドイッチ、そして手製と思われるイチゴババロア
食べ終わったら少し昼寝もいいかもしれないなと思いつつ公園で遊んでる子供たちをながめてたらわき腹をつつかれた
噴出しそうになったサンドイッチを飲み込んで横をみるとちょっと恥ずかしそうに「あーん」と言っておにぎりを向けている美希
が居た


何かが頭に当たった感覚で目を覚ます
ごめんなさーいという元気な声とともに子供が走ってくる
足元にボールが落ちているのを見つけ拾って投げ返そうとしたが美希が左肩にもたれて寝ているのに気付いて大丈夫だよーと言っ
ておくだけにした
公園の時計は3時を指していた、どうやら昼食後本当に昼寝をしていたようだ
風が少し冷たくなったのでどうにかコートを脱ぎ美希の肩にかける
さっきの子供が友達とキャッチボールをはじめた
いつかあんな光景を親として見守るのかもしれないと考えていたらいつの間に起きたのか美希が手を握ってきた
「今度こうするときはきっとプロデューサーさんじゃなくてお父さんだね」という言葉に考えを読まれたようで少し苦笑いをした


すれ違う人々に会社帰りのサラリーマンが増えてきて、腕時計を見ればもうすぐ6時
美希はさっき二人で選んだマフラーを首に巻いて歌いながら隣を歩いている、手袋はつけてないが繋いだ手が暖かい
ふと思いつきレストランの予約は取ってあるのだがもうすぐ夕食時なので何が食べたいかを聞く
返ってきたのは「プロデューサーさんの食べたいものが食べたいな」という答え
美希の食べたいものでいいよと言おうと思ったがいたちごっこになってしまうのでおとなしく予約したレストランへ向かう
落ち着いた雰囲気の店内で、美希にこの店はちょっと早かったかなと言うと「でもプロデューサーさんとはこういう大人っぽい関
係がいいな」というカウンター
美希にアルコールを飲ませるわけにもいかないのでサービスのワインを断り、料理を頼む
おいしいのーと言いながら食べる美希を見ながら、次はどこに行こうかと考える
もうすぐ夜、楽しい日が楽しかった日に変わると思うとすこし寂しかった


テレビでは9時のニュースが流れていて、俺と美希が話す中で少し場違いなBGMとなっている
夕食の後、美希が「プロデューサーさんの家に行きたい」と行ったので何もないぞと言いつつ家に招くことになった
家、といってもマンション暮らしなのだがそこそこいい暮らしはしているつもりだ
冷蔵庫からジュースを出し、飲みながら二人で最近の出来事や思い出を話す
あまり綺麗だとは言えなかった初対面、事あるごとに強くなっていった信頼
オーディションに勝って俺のほうが喜んでいたこと、負けた悔しさで泣いていた美希をなぐさめたこと
ライブで失敗して2人とも同時に謝って笑ったり、成功して2人して打ち上げではしゃぎすぎてスタッフに怒られたり
話の種は尽きることがなかったが、流石にずっとこんな時間が続くはずもなくて
まだ「誕生日おめでとう」と言ってないことに気付いてケーキを持ってきたら既に美希は座ったまま眠っていた
ケーキを冷蔵庫に戻し、美希をベッドに運ぶ
本当はちゃんと渡すはずだった指輪を眠っている美希の指に通し耳元で誕生日おめでとう、とつぶやく
幸せそうに眠る美希の頭をなで、明日には再び忙しい日常に戻る事も忘れて眠りについた


美希を星井家に送り届けてから始業時間の9時ぎりぎりに出社する
小鳥さんの「昨夜はお楽しみでしたね」という言葉や律子の「美希は一緒じゃないんですか?」という言葉がちょっと痛い
だが朝起きて自分の指に指輪を見つけたときの美希の驚き方と喜びっぷりを思い出すとそれだけで幸せだった
右手につけたのを左薬指に移してたのは気にしないでおこう
おはよーございますという眠そうな声が聴こえる
あれだけ寝てたのにまだ寝たりないのかと笑いつつ美希のほうを向く
まだ手袋をつけているので指輪がどうなってるかは分からない
今日からしばらくはまた「アイドルとプロデューサー」
「プロデューサーさん、これからもよろしく、なの!」




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。