美希


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美希に関する妄想文でも殴り書きでも



「ハニーのためならなんでもするよ!」
「じゃあ千早の胸大きくして」
…それから10年後…
猛勉強の末に飛び級で進学したアメリカの大学の医学部を首席で卒業した美希
その知識を活かし、薬にも手術にも頼らない画期的な豊胸術を発案
それを10年経っても相変わらずな千早に試したところ効果てきめん
胸に悩む女性たちの救世主となる
そして日本に凱旋帰国した、本物の医者となった美希とお医者さんごっこプレイがし隊参上即入院
「はいハニー、今日は大腸内視鏡検査なのあふぅ」
「アーッ!」

※大腸内視鏡検査・・・肛門から内視鏡を入れて腸内を見る検査法のこと
小さなポリープとかだとその場で切除できるぞ



美希のポニーテール絵が貼られた後にあったやつ
きっと美希はこのままの髪型でこの後のTVに出演するって言い張るんだ
Pがポニーテールにするにしてもちゃんとしたヘアメイクさんに…って言うんだけど
これがいいの!じゃなきゃ出ないの!って言って
まぁこれくらいなら美希のイメージダウンにはならないかなって判断してOK出すんだ
幸せ笑顔でいつも以上に輝いてる美希にファンの声が殺到して
ファン数アップにうれしい反面わからないけどちょっと複雑な心境のPが
恥ずかしいから俺が結った髪型は俺の前でだけな
とか言って、美希も
うん、ハニーだけのミキ、もっといっぱい作っていこうねって言って
2年なんて待てない俺しか知らない美希の顔を見てみ隊帰宅。今日は寝ずに副業に出勤。



デートの前日ハニーのために手作りオニギリを作ろうとするものの
上手く握れなくて涙目になりながらがんばる美希
時間直前までがんばるんだけど結局上手くできなくてちょっと落ち込みつつ待ち合わせ場所に行くと
「こういうときに俺のほうが早いってのも珍しいな。事故とかなんかじゃって心配しちゃったよ」
とすでにPが来ていてPの顔を見て少し復活してデート開始
お昼になってPがそのバスケットの中から美味しそうなにおいがするって言い出して
「こ、これは違うの。その、先生にあげようと…」とか言うんだけど
Pが見たいって言うから「うー」て言いながら開けると
「お、オニギリじゃないか。お腹すいてきてたんだ。もらうな」
「へんな形で美味しくないと思うの…」
「これは鮭か。こっちはツナマヨで、ーーー!梅干はやっぱ酸っぱいな。美味しいよ、美希」
「そんなはずないの…ハニーぜったい無理してるの…」
「いや、美味しいって。形はアレだけどな。でもだいたいなんでもソツなくこなしそうな美希のこういう一面見れたのが一番の調味料だな」
「もう…ハニーのいじわる…」
というキャッキャウフフを影から見守る菜緒お姉ちゃんこっそりと参上



美希の家にお邪魔した際に菜緒姉ちゃんと会話が弾んでしまい
気がついたら美希がいないので部屋へ行ってみたら
「美希より菜緒お姉ちゃんと話してた方が楽しいんでしょ!」
と怒って開けてくれないのでその場を去ったフリしてドア横で待機、
数分後寂しさに絶えられずに半ベソで様子を見ようと出てきた美希をギュッと抱きしめて
「ごめんね」と謝るけど許してもらえず、どうすればいいか聞いたら
今日一日中抱きしめててもらえるならいいよと言われて仕方なく実行、
美希のニヤケ顔とそんなバカップルを見る菜緒姉ちゃんのニヤケ顔に囲まれて
複雑な気分で自然にオレもニヤケ顔をし隊1名参上即撤収!



異様に詰ったスケジュールをこなして事務所に帰ってきたPと美希
あふぅもう今日は動けないのとPの机に突っ伏して寝てしまう美希
おいおい寝るな風邪をひくぞと注意するも、すでに美希は寝息を立てて夢の中
仕方ない車で送るかと美希をおぶって行くが、背中に当たる胸の感触は気になるし、
耳元で聞こえる寝息も気になるし、早く駐車場に着いてくれと思うも
こういう時に限ってエレベーターが全然来なくて、忍耐を試される拷問気分。
なんとかそれを乗り切り、やっとのことで車にたどり着き後部座席に寝かせていざ出発。
静かな車内、なんとか落ち着きを取り戻した頃、今度はハニィ~大好きぃと寝言が聞こえてくるが、
それくらいは何とか凌げるようにはなったP、しかしそこはダメェとかハニィならいいのぉとか
妙に艶かしくグレードアップしていって、起こして注意したいけど運転中だから無理なわけで
信号待ちのたびに正気を保つために自分の頬を引っ叩いて、美希の家についた頃には頬は真赤
そして着いたぞと起こしたところで、ハニーどうして頬真赤なの?凄い心配なの
と美希に顔を覗き込まれて心配され隊711の銀シャリおにぎり美味いよね



美希に目隠しして猿轡かまして椅子かベッドに縛り付けてずっと
「好きだよ、愛してる、美希は俺の物だ・・・」
って囁き続けて美希をテロンテロンのトロントロンにし隊

しばらくすると名前囁いただけで
あふぅあふぅあふぅ言いながら身体をピクピクッて反応させるんだね
目隠し猿轡とってあげるとまともにしゃべれない状態で「ひゃひぃ~ひゃひぃ~」って言いながらモジモジしだして
そんな美希を眺めながら放置し隊



こんな時間にもレッスンレッスン言ってくる千早にお酒飲ませて静かにさせたい
その残ってたお酒を美希が勝手に飲んでしまって
Pが怒るんだけど酔った美希には効果なしで
「あーハニーがいっぱいいるの。はに~」
とか言ってまったく関係ない方向にふらふら~と走っていってゴンッとか結構いたそうな音を立てて壁に激突
あわてて「おい、美希大丈夫か?」って駆け寄ると
「えへへ、はに~つかまえたの~」
とか言ってスースーと寝むっちゃった美希をソファーに寝かせつつ起きるまで寝顔を見ていたい

ううーハニー頭痛いの…
「酒なんて勝手に飲むからだ。まったく危なっかしいからもう飲んじゃダメだぞ」
ううーよく覚えてないけどハニーにお姫様抱っこされたような気がするの
「微妙な記憶だけ残してるな。そのまま寝かせておくわけにもいかないだろ」
ハニーがもう一回抱っこしてくれたら頭痛も治る気がするの」
「ダーメ、ほら今日の仕事は多いぞ。他の子やPももう出てるからな」
むー…わかったの。抱っこはお仕事が終わってからだね
「わかってない!行くぞ!」
と平和な朝を美希と向かえ隊眠い



「ほらほらハニーも歌おうよ!」
「アイドルに混じって歌うほど上手くないからいいよ、俺は」
「歌うの!ほらマイク持って。次にハニーも歌える曲入れておいたの」
マイクを押し付けられ周りからの聞きたいコールもあり仕方ないか、と立ち上がるP
「で、何を入れt…なんで美希もマイク持って横にくるんだ?」
「すぐにわかるの♪」
問いただす間もなく流れ出す前奏
「は?ふたりの愛ランド?知ってるけど、美希こそこんなの知って…」
「夏が噂してるわ♪あなたのことを♪ピンボールみたいで気がおけないの♪」
「っ小麦色に~~~」
腕を組んできたり見つめてくる美希に翻弄されながら歌いきると春香と真にはやし立てられ
律子と千早にジト目で見られあずささんに少し怖い笑顔を向けられ…
「ね、ハニー次はこれとか!『パーティーをぬけだそう』入れておくね」
一回歌ってしまったが最後か次々と入れられ付き合わされるデュエット曲…社長…助けてください…



「なぁ美希、そんな言葉やテクニックどこで覚えてくるんだ?まさか、その…」
「雑誌なの。大丈夫だよ、ハニー以外となんて絶対イヤなの」
「そう…で、雑誌って美希が買ってるのか?」
「ミキが買ってるのにも少し載ってるときあるけど、だいたいは違うかな」
「それじゃお姉さん?」
「菜緒お姉ちゃんはたぶんそういうのあまり知らないと思うな」
「…あまりしらない初心な菜緒さん……」
「…ハニー」
「いや!違う!別に変なことは思ってないって!そ、それじゃ情報源の大半は?」
「友達なの!友達が学校に持ってきたり遊びにいったときとかにみんなでー」
「…最近の子たちは進んでるんだなぁ」
「これからもハニーのためにがんばるから期待してて欲しいの」
「ま、そっちはほどほどにアイドル活動と学校のほうがんばろうな」



泊りがけのお仕事のときに
「・・・あふぅ」
「眠くなったか?もう遅いし、明日の準備は俺がやっておくから先に寝てていいぞ?」
「むーーーーーあふぅ…んーーーそうするの…あふぅ」
「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」
「寝ないのか?」
「ハニーがおやすみのキスしてくれたら寝るの」
「突然何を言い出すんだ」
「おやすみのキスしてくれたらぐっすり眠れて明日のお仕事もバッチリなの」
「『お仕事が完璧だったらご褒美欲しいな』っていったのは美希じゃないか。今日は我慢しなさい」
「…ハニーの意地悪」 って自分の部屋に向かおうとした美希を呼び止めて
「どうかしたの?」って振り返ったところでそっとキスして
「ぐっすり寝るんだぞ?あと明日寝坊するなよ。おやすみ」「お、おやすみ、なの…」
なんてことがあってもいいよねぇ



美希と宅飲みして舞い上がって呑みつぶれて膝枕とかされたい
美「ハニー大丈夫?呑みすぎはよくないよ、めっ」
美「でも酔ったハニーはいつもと違って素直だからミキ嬉しいの」
P「…むぅ、つい」
美「ハニーも本当はミキと同じなんだね、ミキ安心したな」
美「でもちょっとエッチな美希かも・・・」



「あは♪ハニーおっぱいおっきいの好きなんだね」
「ちちちち違う!これは美希をプロデュースする上でこうどんな構図がいいかとか研究を」
「ふーん。それじゃ、どんなポーズが良かった?ハニーの想い描いたポーズ、全部やってあげるの」
「えっ?あっ……ゴクリ」
「あははは、ハニーってすっごく素直なの。ほらこんなポーズ、どうかな?」
「や、やめるんだ美希。アイドルがそんな…」
「アイドルにさせられないようなポーズの研究してたんだね。ハニーってばえっちなの」
「あ、う、お、」
「ミキね、ハニーになら、いいよ?ハニーの望むままにぷっちんして欲しいな」
「美、美希っ!」

「っていうのを計画してきたのに全然見つからないの…」
「(美希が部屋に来るっての知ってるのにそういうの片付けないわけないだろ)」


唐突に美希に、
「もし俺が今すぐ美希のPを辞めたら、お前はどうする?」
て、決まりきった答を聞きたいが故に、馬鹿な質問を投げかけてみたら、
ソファーにねっころがったまま雑誌を見ながら、
「うん、やめちゃっていーよ。」
あっさりと、俺の心にナイフがいきなり斜め45°の角度にぶっ刺さる答が返って来て愕然としたある日の午後の事だった。

「ほ…本気で言ってんのか…?」
「うん、本気だよ。」
「そうか……俺は……いや、分かった!ならば今日を持ってお前のプロデュースを辞めよう!」
「本当なの?!やったのーっ!!」
「そんなに嬉しいのか……すまなかったな美希…。」

ふらふらと事務所を出ていくPに、端から見ていた律子が思わず、口を挟んだ。
「ちょ、ちょっと美希!あんた本気なの?あんなこと言って!」
「美希は本気だよ?何言ってんの律子、さん。」
「あんた、あれ程、ハニー、ハニーって、Pの事、慕ってたくせに…。」
「何言ってるの?律子、さん、ハニーの事は大好きだよ?」
「えっ?でもプロデュース辞めて良いって…。」
「うん!そーしたら、美希がハニーを養ってあげるの!美希も辞めて、二人で一緒に暮らすの!
もう美希いっぱいお金稼いだから二人でどっか外国行って一緒に暮らすのー♪」
余りの脳天気な発言に律子は頭痛を感じつつ、美希の両肩に手を置き、さっきの説明をする。
「あのねぇ美希、さっきのプロデュース辞める、てのは
美希と別れて二度と会わないけどそれでいいのか?って意味で聞いてきたのよ。」

社長室の前で、溜息をつきつつ、辞表片手に、そのドアをノックしようとした時、遠くから
「ぃーーゃーーなーーのぉーー!!!!」
の声と共に美希が横っ腹を全力でタックルかましてきた。
「ぶわぁあぁあぁあぁあ!!!!」
そのまま二人して二、三回転した後、美希がPを馬乗り状態。
「うわぁあぁん、嫌なの嫌なの、美希を置いて行かないで、美希の前から消えないで、
美希を捨てないでぇーーうわぁあぁん!!!!」
と、大号泣。
後で律子から事の真相を聞くまで、何が何だか理解出来ず、
表の騒ぎに社長までもが顔を覗かせて、あぁ、後で説教一時間コース決定だなと、
よしよしと泣いている美希の頭を摩ってたら、さっきのタックルが痛くて横っ腹がむず痒い。


[Dear]
時刻は20時。陽はとうに落ちて、月が主役をはっている。
自分がプロデュースしているアイドルを自宅へ送るために車を運転していた俺は、
助手席に座っている、アイドルである星井美希へ声をかけた。
「今日の誕生日イベントも、相変わらず大成功で良かったよ」
「……うん」
目線を落としていた美希だったが、横目で見ると表情も帳が下りた夜のようだ。
「どうした? あんまり嬉しそうじゃないな」
彼女との会話だけに集中するわけにもいかず、ハンドルを握りながらも会話は続ける。
「なんでもないの」
少し頬を膨らませた美希は、顔を背けて車窓から見える景色に目を移す。
「まさかとは思うが、ひょっとして俺のせいか?」
「別に。ミキが勝手にムッツリしてるだけ。ハニーは気にしないで」
「……?」
手前の信号が黄色になったので徐々に速度を落とす。
止まった車の中はラジオも何もつけていないので、会話が無い限りこのまま静寂が続く。
誕生日プレゼントは渡した。イベントは成功した。あとは何が足りない?
美希の不機嫌の原因について考えていると、当の本人が肩を軽く叩いてきた。
横を向くと、美希が持っていたバッグの中を探って何かを取り出す。
「ねぇハニー。これ食べる?」
美希が差し出してきたのは、ハチミツ味のキャンディーだった。
「ああ。もらうよ」
「じゃあはい、あーん」
キャンディーを自分で食べても良かったが、
もうすぐ信号が変わると思った俺は、美希に食べさせてもらうことを選んだ。
そう言えば今日のイベントでもあったなこれ。
イベントでは美希お手製のおにぎりだったけど。
「あーん」
美希の指で口へと運ばれるキャンディーを眺めていると、突然視界が暗くなる。
「!?!?!?!?!?!?!?!?!?」
明らかに口にはキャンディー以外、というかキャンディーを含めた何かの感触がした。
唇までも美希によって塞がれたことが理解できずにいた俺にはそれがなにか解らない。
潤んだ目の美希と視線が交わる。大きくあどけなさの残る瞳から、目を逸らせられない。
舌に何かが当たっている。
ゆっくりと動く。
キャンディーと、俺の舌をぎこちなくも弄ぶ。
激しくなる鼓動の音で我に返った俺はようやく気づいた。
……こ、これは、美希の舌か!?
「んっ……」
俺は唇を重ねている美希と目が合いつつも、突き放せない。
このままじゃ、マズい。間違い無く間違いを――
『ビッビー!!』
「っどぅわあああ!?」
クラクションを後続車から鳴らされたことに驚いた俺は、ようやく美希と離れた。
車を発進させる最中も、自分が何をしているのか理解出来ずに動いていた。
無事に車を発進させた俺は、美希にキツめの口調で問い正す。
「美希、なんであんなことしたんだ?」
チラチラと美希を見る俺に、彼女はややうわずった声で言う。
「嫌、……だった?」
「いや、そ、そうじゃないけど。いきなりで驚いたんだよ」
「そっか」
「あ、ああ」
言葉が返ってこないので運転しつつ待っていると、美希が恥ずかしそうにこちらを見た。
「あのね。ミキの誕生日だからって、ハニーにただ祝ってもらうだけっていうのが、イヤだったの」
口の中で溶け出しているキャンディーの甘みが、美希の気持ちをより明確に伝えてくれる。
「……ねえハニー。怒ってる?」
――なんだよ。そんな表情されたら、許すしか無いじゃないか。
不安げな表情をしている美希の頬を優しく撫でた。
「不意打ちはもう無しだ。いいな? あと、改めて誕生日おめでとう。美希」
「ハニー、愛してる!」
いきなり抱きつかれた俺の腕が、車に異常な挙動を描かせようとしている。
「バッ! ハンドルが! 頼む美希、離してくれぇぇぇぇ!」

……操縦不能な彼女のプロデュースは、かなり難しい。

END


アフター[Dear]
無事に美希を自宅へ送った俺は、美希のおねだりから逃げるのに必死だった。
「ハニー、おやすみなさいのキスは?」
諦めて軽く口づけをすると、美希が頬を赤らめながら笑う。
「……ハニーの味がする」
「うまいこと言ってないで早く寝るんだぞ。明日も仕事だ」
「うん。……おやすみ、ハニー」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。