※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆☆勇気を持って情報提供して下さる方へ☆☆

まず基本的な約束について守って下さい!

【安全な情報提供のしかた】
1.自分と家族に関する情報はいっさい書き込まない。
2.自分しか知らない情報も書き込まない。最低でも2名以上の人間が知る情報を書き込む。
3.決定的な情報、例えば殺人に関する情報は犯人の氏名は書き込まない。
4.住所・電話番号は書かない。
5.学校のPCから書き込まない(当WikiにIPアドレス=リモートホストが記録される)

以上を守らないと、あなたが特定されてしまったり、あなたのが書き込んだ情報が記録されることがあります。

情報提供は自己責任のうえで行うものとなります。十分に注意して下さい。

※なお現在、このイジメは(少なくとも)刑事事件になっておらず、まだ木村らの逮捕すら至っていないため、加害者・親権者(保護者)の個人情報を公開することはなんら法律には触れません。
また、犯罪予告レベルでもない限り、2chの書き込みにより身元が特定されることは今のところありません 。

【さらに身元がバレないためのヒント】

   伏せ字を使う(イニシャル表記、あ/い/う/と区切る、あ○うと虫食いにする)
   直接知っている話でも、人からの又聞きとして書き込み、身元をぼかす
   (特に三者懇談で聞いた話は危険!学校側が意図的に罠にかけようとすることがあります)
   fusianasanという文字を名前欄に書けと言われても絶対に書かない(IPとリモートホストでばれます)
   身元がバレないように偽装して接続する
   VPN接続などの特殊な方法やソフトを使用し、出来るだけ匿名化させる事も大切です。
   参考:http://gigazine.net/news/20120420-spotflux/

補足:最初に情報提供した人間を突き止めるのにトラップ(わな)を仕掛ける手法があります。気をつけて下さい。
    それは異なる情報をそれぞれに与えることです。例えば1組ではAのいじめの話をして
    2組ではBのいじめの話をすると、流出した話がAなら、1組に流出経路があることがわかります。
   教師はこういう情報コントロールや証拠隠滅や偽装に慣れていますから気をつけましょう。

【情報提供に不安を感じるときは】

重大な情報を流す必要がある、情報提供にどうしても不安を感じる場合は、
こちらの公的機関などに連絡をした方が安全かと思われます。

   法務省・こどもの人権110番
   ( TEL:0120-007-110 HP:http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken113.html )
   国家公安調査庁
   ( TEL:03-3592-5711 HP:http://www.moj.go.jp/KOUAN/index.html )
   被害者側弁護士事務所 吉原稔法律事務所
   ( TEL:077-510-5262 HP:http://www.yoshihara-lo.jp/otsu-ijime/ )

【最後に】

情報を伝えてくれようとしてくれている君達へ

人が死んでしまうということは、とても重い事です。
この事件の全容が世の中に伝わる事で、同じような事件で救う事の出来る命があるかもしれません。
どんな些細な事でも構いません。どうか情報提供をお願いします。

学校の大人たちに口止めをされているかもしれません。
しかし、「事実を隠して黙っておく」のと、「今後このような事件が絶対に起こらないように全てを話す」のと、どちらが良い事か、考えてみてください。

ほんの少しの勇気を、亡くなった被害者やご遺族の為に振り絞ってくれる事を、切に願います。

このような事件が今後起こらないように、情報の提供が今必要なのです。