@chs
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海外サイト記事


翻訳して欲しい記事がある方へ
  翻訳したい海外記事などがありましたら「翻訳元のサイトアドレスと記事の日付」を追加してください。
  試験的に"読みたい!"投票を表示しています。
翻訳してくださる方へ
  翻訳ありがとうございます。試験的に翻訳者専用メモ欄を設置しました。
+ 「翻訳は協力はしてもよいけどwikiはちょっと…」という方へ

  • 2012/07/30 英語 - Yomiuri(Yomiuri Online)
- 
原文「Innocent people harassed / Wrong information in school bullying case spread on Internet」
URL:http://www.yomiuri.co.jp/dy/national/T120729002303.htm

- 
和訳「無関係の人間が被害/学生いじめ自殺に関連してインターネットで広がる誤情報」
昨年10月に起きた大津中2自殺事件の加害者側生徒の家族(親類)だとネットユーザに間違われて名指された人たちがいる。
大津の市立中学の13歳の男子生徒がいじめのため、自殺した。最近、加害者とされる生徒とその家族の個人情報がネットに投稿されたが、情報の中には、加害者と無関係の人たちの名前や職場、その他の情報が掲載されていた。滋賀県警は、名誉棄損と脅迫の容疑で捜査中。
今月初め、滋賀県の病院で勤務する60代の男性の名前と写真が、加害者生徒の祖父だとしてネット掲示板に掲載された。加害者生徒の一人の苗字と同じで、仕事も同じ(似ているもの)だった。この男性は生徒とは無関係だ。ネットの書き込みによると(?)、自殺した生徒に謝罪するように男性に求める電話やメールがひっきりなく続き、病院に対してはなぜ”殺人者の家族”を雇っているんだという苦情が相次いだ。病院は日に何百もの苦情連絡を受けた。職員が事件には無関係だと説明したにも関わらず、今でも病院は嫌がらせ電話を一日に数本受けている。男性は“なぜこんなことに耐えないとならないのか”という。
また、今月初めに大津に住む60代の女性が加害者生徒の一人の母親だとしてネット掲示板で名指された。女性が所属する団体は、一日少なくとも50回以上を受けたという。また、女性の顔に濃硫酸を投げつけてやるという手紙も受け取った。女性は、何度も恐怖で夜中に目を覚ましそのまま眠れないこともあるといい、体調を崩している。“あとどのくらいこの状態が続くのか?”、女性は嘆く。
いじめや生徒の自殺に無関係な人たちが、なぜこのように嫌がらせを受けているのか。
一つの原因は、テレビタレントが発信するブログにある。デヴィ夫人(デヴィスカルノ)は7月10日、生徒3人と教師などの写真を掲載し、いじめに関与している(もしくは責任がある)とした。しかし、その中の何人かはこの事件には無関係の人たちだった。同ブログサービスを提供するサイバーエージェント(東京)はそれらの名前と写真を削除するよう警告し、7月11日、彼女は応じた。しかし、芸能人ブログランキングで、デヴィ夫人のブログは、7月11日には249位から9位まで急上昇し、翌日はトップに立った。読売新聞の取材に対して、デヴィ夫人は「ノーコメント」と回答した。
誤った情報が拡散されたもう一つの原因は、「まとめサイト」の存在にある。(まとめサイト=ある特定の議題に関して、ネット掲示板や他のサイトから情報を収集して提供するサイト)。大津いじめ事件においては、別の掲示板に投稿された誤った情報がこれらのサイトに流れ込んだ。サイトは情報の訂正はしたものの、誤った情報を削除することはなかった。
ネット掲示板への誹謗中傷書き込みは、犯罪を引き起こす可能性がある。2009年には、漫才師のスマイリーキクチが、あるブログ上で繰り返し殺人犯だと訴えられた。警視庁は名誉棄損と脅迫で9人の男女を書類送検した。2010年3月には、会社員が自分のホームページ上に、とあるレストランチェーンを”カルトグループ”と記載し、名誉棄損罪で有罪とされた。最高裁は「ネット上の表現行為でも、信頼性の低い情報として受け取られるとは限らない」として、ネット上で他人の評価を低下させる情報を流す場合でも、新聞報道などと同様、確実な資料や根拠が必要だとする初判断を示した。
(ざっくりの訳です。)

  • 2012/07/27 中国語? - 人民?(←分かる方修正お願いします)
選択肢 読みたい!
翻訳された記事が読みたい人数→ (44)
翻訳者専用メモ欄:「翻訳中」等記載に利用してください。

- 
原文「日本少年遭虐自杀 地方瞒报引发众怒」
URL:http://www.022net.com/2012/7-27/491750372873123.html

- 
和訳「????」
本文未翻訳

  • 2012/07/26 中国語? - 大公綱(←分かる方修正お願いします)
選択肢 読みたい!
翻訳された記事が読みたい人数→ (16)
翻訳者専用メモ欄:「翻訳中」等記載に利用してください。

- 
原文「日本13歲男孩因遭校園欺凌自殺引公憤 當地市長道歉」
URL:http://www.takungpao.com.hk/sy/2012-07/26/content_824032.htm

- 
和訳「????」
本文未翻訳

  • 2012/07/20 中国語? - 鉅亨網新聞
選択肢 読みたい!
翻訳された記事が読みたい人数→ (6)
翻訳者専用メモ欄:「翻訳中」等記載に利用してください。

- 
原文「日滋賀縣男學生去年死亡傳疑似被迫自殺」
URL:http://news.cnyes.com/Content/20120720/KFLKMHGHP1SFQ.shtml

- 
和訳「????」
本文未翻訳

  • 2012/07/11 英語 - The Gulf Today(アラブ首長国連邦の主要英字日刊紙のサイト記事)
選択肢 読みたい!
翻訳された記事が読みたい人数→ (16)
翻訳者専用メモ欄:「翻訳中」等記載に利用してください。

- 
原文「Japan schoolboy’s suicide sparks bomb threats」
URL:http://gulftoday.ae/portal/aa961e93-4da5-45dd-9e86-11fa8ac94643.aspx

- 
和訳「日本人学生の自殺事件:爆破予告」
本文未翻訳

  • 2012/07/10 英語 - アノニマス
+ 原文「A Junior High School Student KILLED Himself…」

- 
和訳「中学生が自殺した…」

今日、私はあなたがたに、現在日本で起こっていることについてお伝えしたい。
あなたは既に知っているかもしれないが。その中学生は同級生からいじめを受けて、自殺に追いやられたのだ。
皇子山中学校がいじめを無視し、真実を隠蔽しようとすることが問題なのである。
匿名(アノニマス)のあなたはどう思いますか?

  • 2012/07/07 英語 - Japan Times
- 
原文「Bullies allegedly pressured boy, 13, to practice committing suicide before he did so」
URL:http://www.japantimes.co.jp/text/nn20120707b8.html#.T_hX1N34zYg

- 
和訳「いじめっこら、13歳少年の自殺前に自殺の練習を強要」
滋賀県大津市教育委員会は、昨年10月に飛び降り自殺をした13歳の少年が、彼をいじめていたとされる少年らによって継続的に自殺の練習をするよう脅迫を受けていた可能性があることを認識していた。

いじめをしていたとされる少年らは自殺の練習をさせたことを認めていなかった。このことは金曜日に明らかになった。刑法では、恐喝によって他人に自殺をさせたものは6ヶ月から7年の懲役に服すると規定されている。

教育委員会によれば、委員会は事件の後、自殺した少年の通っていた中学校の全生徒にアンケートを行い、また数人には直接事情を聞いたという。

アンケートによれば、16人の学生がアンケートに「被害少年が毎日自殺の"練習"をするよう脅されているのを聞いた」と解答した。教育委員会はこの16人に事情を聞いたが、いずれの生徒も実際に"練習"の現場を目撃していないと詳しく調査せずに断定した。

教育委員会は加害少年たちの両親の了解のもと加害少年たちから90分に渡り事情を聞いたものの、自殺の練習に関する質問は行わなかった。これは"練習"が実際に怒ったとは確認できておらず、また加害少年らがいじめを行ったことを否定したため、と当局者は述べた。

また被害少年が相談したにもかかわらず、複数の教員が何もしなかったというアンケート結果も出た。これに対して当局者は「いじめの相談は受けていない」という担任のコメントを公表した。

  • 2012/07/06 英語 - ABCニュース(米国内向け) (初の海外報道)
+ 原文「Kids and Laughing Teachers Bullied Suicide Teen」

- 
和訳「子供たちとほくそ笑む先生たちが自殺した10代を虐めていた。」
クラスメイトによる組織的な虐めの後、南日本の13歳の少年自殺―しかも自殺を練習させていたー先生たちはいじめを無視しましたほくそ笑んでいたことが教育者達の間で自己反省を促進させた。
自殺した子の最後の行動はいじめっ子集団たちに「私は自殺します」とボイスメールを送ることだった。そしていじめっ子集団たちは「君はしぬべきだよ」と返した。
クラスメイト達による悲痛な虐めを耐え抜いた後、去年の10月、名前の公表されていない中学生は大津市のアパートの14階から飛び降りた。
日本のメディアによると、彼の父親は警察に対して、いくつもの被害届を提出した、しかし、警察はそれらを受け付けず、これらの被害届は虐めにより自殺したことを証明できないと言った。
後々の教育委員会による生徒に対するアンケート調査(a student surveyを一つの活動という概念として私は解釈しています)によって、いやがらせの詳細は8ヶ月後に明白となってきた。生徒たちに対しての匿名のアンケートでは、去年の9月、十代の少年が飛び降り自殺する一カ月前にはいじめが「殴る・蹴る」までエスカレートしていた。被害者は万引きを強要され、いじめを受けている間、口にテープを張り付けられ足と手を縛られていた。ヤジ馬として見ていた生徒たちも少年に対して、死んだ蜂を食べさせる、パンツをずり下ろす、自殺の練習をさせるなど、圧力をかけていた。
調査によれば、クラスメイトの何名かはこれらのいじめについて教師たちに警報していたが、何もされなかったと言う。(いじめに対して何の措置もされなかった)
その代わり、教師たちはいじめっ子たちが被害者を窒息させようとしているところを笑っていた。
アンケートには「紙を食べさせられ、いじめっ子たちが窒息させていた。教師たちは言葉での警告を発するだけであった、その反面、教師たちは嘲笑することによっていじめに加担していた」と書かれている。
今日、大津市の市長は涙ながらに、少年の自殺について真実を探るため、さらなる調査をするという声明を出した、また、教育委員会のリサーチは不十分であると訴えた。
こしなおみは言った。「生徒たちをこのような目に再度あわせてしまったことに遺憾をかんじる」、「生徒たちに対しては十分に謝りきることができない心境です」(心境ですは意訳です)
大津市は怒りに駆られた親たちがたくさんの電話、メールに砲撃され、いじめが明らかになった7月4日木曜日に教育委員会を爆破するという脅迫が届き、それにより、生徒たちが早退させられた、と地方局が報道した。
新しい詳細が発覚されることを念頭に置いて、被害者の家族は公の場でコメントを、まだしていない 、しかし、市長に宛てられた手紙によると、被害者の父親は市長に対して「真相を追究してくれ」と書き綴ってあった、そして、市長は虐め反対政策を新たに考案した。(被害者=The teen’s)→意訳しました (と書き綴ってあった)→自分の判断で付け足しました
父親は「日本中の学校からいじめが無くなって欲しい、そして、学校がまた安全な場所になってほしい」と手紙で綴った。

→この文章自体は文法を変えてありますが、原文とほぼ同じ意味です

- 
和訳2「こどもと笑っている教師が自殺した少年をいじめていた。」

日本の南で13歳の少年がクラスメイト達によって組織的にいじめられた(自殺の練習さえさせたのだ)のちに自殺した。一方で教師はいじめに対し無関心であるか、笑っていたと言うこの事件は国中の教育者たちの「熱心な捜索活動」に火をつけることになった。
犠牲者の少年のの最後の行動の一つは、彼を苦しめる者たちに対し、「今から死にます」とボイスメールを残すと言うことだったとされている。
それに対しいじめっ子たちは「お前は死ぬべきだ」と返信した。

中学生の少年は、名は明らかにされていないが、去年の10月に大津市内の14階建ての建物から飛び降りた。彼のクラスメイトの手による凄惨ないじめ(虐待)という胸の裂けるような苦しい話に耐え続けたのちに。

彼の父親はいくつかの報告書を警察に対し提起したが、日本のメディアによると、職員はいじめが彼の自殺と因果関係があったことは証明できないと言って、それを受理しなかった。

このいじめの顛末は8か月前に明らかになったことであるが、市の教育委員会によって生徒への調査が追って行われた。
その匿名の調査の中には、去年の9月には少年に対してのコブシや蹴りにエスカレートしていったと書かれている。少年が飛び降り自殺する1か月前である。
犠牲者の少年は万引きすることを強要された。いじめっ子たちに口にダクトテープ(ガムテープ)をされてる間に、両手足を縛られたりした。
いじめっ子の仲間とみられる生徒たちは少年に死んだ蜂を食べるよう強要した。またズボンを下ろしたりもしたし、「自殺の練習」を強要することさえもあった。
調査では何人かのクラスメートは教師に対してこの自殺の練習について、注意をうながしたのだが、何もなされなかったと言っている。
代わりに教師は犠牲者の少年が首を絞められている(ヘッドロック)様子を笑ってみていたと伝えられているのだ。
「彼は紙を食べさせられたし、首もしめられた。教師は口頭で注意するだけで、むしろ笑って見ているという形でいじめに加担していたんだ。」調査のなかのコメントである。

本日、大津市長が涙を浮かべて、教育委員会の調査は不十分だと言いながら「真実の調査」のために新たな調査を立ち上げることをのべた。
「私はこのこと(いじめ問題の調査)に生徒たちを再び置かなければならないことを恐れています」と越直美市長は言う。「生徒たちには謝りきれません」

地方のメディアは大津市はいじめの内容が明るみに出た7月4日から、怒った保護者たちによる、数百を超える電話、e-メール「爆撃」にさらされていると報じている。
木曜日には爆弾を仕掛けたという電話もあり、生徒たちは早く家にかえされた。

少年の両親は新しい事実が表に出てからは事件について公式には声明を出していない。しかし越市長に送られた手紙によると少年の父親は、「真実の解明」と、新たな対いじめ政策について打ち出すよう求めているという。
「私は日本の全ての学校からいじめがなくなることを望みます」と彼は述べている。「学校が再び安全な場所となればいいのですが」

+ 記事についたyahooコメント

  • 2012/07/06 Global Post
+ 原文「Japan: Boy driven to suicide wasn't helped by teachers」

- 
和訳「日本:学校の教師たちは自殺に走った少年を助けられなかった」

※翻訳済み文章が消えてます。データお持ちの方、復旧願いします。

  • 2012/07/06 The Japan Daily Press
+ 原文「13 year old bullied into practicing his own suicide before killing self」

- 
和訳「13歳の少年が自殺をする前に自分の自殺の練習をするよういじめられ強要されていた。」

生徒への調査が、当時13歳の中学生の少年(滋賀県大津市、去年の10月に自殺している)が「自殺の練習」をするよういじめられ強いられていたことを明らかにした。
15人の生徒が学校のアンケートに対しいじめについて回答したが、市の教育委員会によってこの「情報」は2011年11月の記者会見では共有されることはなかった。
少年の両親は現在地方裁判所で3人の生徒、その両親および大津市行政に対しての7720万円の損害賠償(およそ966ドル)請求をめぐって係争中である。

15人の生徒の回答からいじめの内容として記述されていたのは、犠牲者の少年はバスルームで打ちのめされていたこと、毎日自殺の練習をさせられていたこと、死んだスズメを口に入れるよう強要されていたこと、「友人(いじめっ子)」から金銭をゆすられていたこと、いじめっ子のために万引きをさせられていたこと、が含まれている。
少年が教師に対して助言(助け)を求めていたのに教師が助けなかったという説明さえあった。
大津地方裁判所は5月に裁判を開始したが、大津市行政は少年がいじめられていたことは認めたものの、少年の自殺がいじめによるものだということは結論付けられないと述べたのだ。

13歳の少年は2011年10月11日に彼の自宅からそう遠くない場所で遺体で見つかった。その際に現地警察はすぐに死は自殺によるものだと結論付けた。
他の集団でおこなった拷問として、少年はヘッドロックをかけ打ちのめされたり、ズボンをずりおろされたり、死んだ蜂を食べるよう強要されたりした。
教師はそのような振る舞いを目撃していたものの、いじめっ子たちに軽く注意することしかしなかった。
法政大学の教育評論家である尾木直樹氏はこう述べる。今回起こった教育行政による真実の隠ぺいは、教育行政のシステムの完全なる怠慢だという。実際は、この言葉の響きほど生易しいものではない。
教師による保護もなく、生徒の行動をそのなすがままにすることは、日本を侵している高い自殺率の問題の原因となっているおもな要素であるだろう。
(教師が保護も与えずにいじめっ子をのさばらすのが高い自殺率の原因となっている要素の一つだ、ということらしいです)

  • 2012/07/06 The Mainichi(毎日新聞英語版)
+ 原文「Police refused to accept damage report on school bullying after suicide」

- 
和訳「警察は少年の自殺後に学校でのいじめについての被害届を拒否」

大津警察は三度、去年10月に飛び降り自殺した13歳の少年の父親からのいじめについての被害届を受理することを拒否した、事件に詳しい情報源によると。
滋賀県警はいじめに関係のある犯罪的事実を何ら証明することはできないとして被害届を受け取らなかったとのことである。

情報源によると、46歳の父親は彼の息子、市の中学校2年生であるが、が自殺した後に、去年10月に二度、11月に一度被害届を提出しに行った。
しかし警察はその都度、彼の息子が既に死んでしまったので、犯人に対しての証拠を見つけることが難しいとして受け取らなかった。

少年の自殺後に学校ではすべての生徒に対し調査が行われ、少年がひどい方法で、それも複数の生徒により組織的にいじめられていたことが分かった。
少年は2011年10月11日に彼の家の近くの建物で死体で見つかった。警察は自殺と断定した。

大津の警察長のフクナガマサユキは7月5日に毎日新聞社の取材に対し、彼の遺書がないことから、犯罪(いじめ)が彼の自殺と関連があることを証明することは難しいと警察から父親に説明したと話した。
また当時の事件の責任者から、被害届を拒否するつもりはなかったということを聞いたと語っている。

大津市は7月4日、日常的に13歳の少年に対し「自殺の練習」をさせたといういじめの内容を示す調査書を公開しなかったという市のミスに対し、360件もの電話やe-メールによる抗議があった。
抗議者たちは市は責任を回避し、調査結果を隠そうとしている、といっている。このような怒りの電話やe-メールが7月5日まであふれ続けた。

大津市教育委員会に7月5日午後4時前に電話した男性は爆弾を仕掛けたと話した。
爆弾は見つからなかったが、教育委員会近くにある大津商業高校は、350人の生徒に早期帰宅させた。
警察は威力業務妨害としてこの事件を調べている。

  • 2012/07/05 (シンガポール)ED Vantege
+ 原文「Japanese teen 'forced to practice suicide'」

- 
和訳「日本のティーンの『自殺の練習』」

水曜日の毎日新聞の報道によると、昨年日本の大津で自殺した少年はいじめをしていた少年たちに自殺を強制させられていたという。
13歳の少年の自殺後に行われた学校の調査によって、彼は毎日「自殺の練習」を強いられていたと明らかになった。
(生前)死亡した少年はいじめをしていた少年にメールを送っており、そこには「私は死ぬ」や「私の命をガンの友達にあげる」と書いてあったと、調査の対象となった生徒の中にこう記していた者がいた。
調査の対象となった320人の中で15人がこの少年が酷いいじめを受けていたと証言した。
犠牲者の両親は学校に対し訴訟を起こし、いじめが息子の自殺の原因になったほ主張している。

@chs