3483.雷神の村


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サブタイトル

(無し)


紹介

某イベント村の選考に漏れた某PLが参加を仄めかしていた村。そのせいかプロローグでは随所にその某PLの気配を感じることが出来るが、実際のところは未参加である。
肝心の内容は、凸、寡黙が陣営ごとに散らばっており、お世辞にも進行の参考になるとは言い難いものになっているが、狐の立ち回りは潜伏時の手本になる可能性を秘めている。

あらすじ

「七の名を持つ者」が居た

その者は「決戦」への参陣を「神」に進言したが、叶えられなかった

その者は「決戦」を詰り、自らが最強だと自称した

「神」は怒り、「光」をその者に放った



ここは「雷神の村」

「七の名を持つ者」の伝説が残るこの村に、人狼が現れるという噂が立つ

伝説を知る者も、知らぬ者も、そこへと集うのであった

何かに導かれるように


ネタバレ↓
























勝敗


狼勝利

作戦



村側の作戦
  • 占師RCO
  • 共有片1CO、共有片潜伏
  • 霊占回避

狼側の作戦
  • 狼占騙
  • 狂占騙

狐の作戦
  • 潜伏

村の詳細



処刑内訳
  • ▼村陣営×5回、▼狼×0回

襲撃内訳
  • ▲ニッツ、▲村陣営×5回

人口推移
1日目 村村村村村村共共占霊狩狂狐狼狼狼
2日目 村村村村村共共占霊狩狂狐狼狼狼
3日目 村村村村共共占狩狂狐狼狼
4日目 村村共共占狩狂狼狼
5日目 村共共狩狂狼狼
6日目 共共狂狼狼
エピローグ 狂狼狼

占い内訳
  • ◉村陣営×2回 狐×1回

狩人護衛内訳
  • ⌘占師×2回

登場人物紹介


キャラ名 役職 生死 人物紹介
楽天家ニッツ 村人 1d襲撃死 説明不要の噛まれ役。
「人狼?そんなの居ないさ。寝てて良い?」
初日犠牲者
羊飼ルカ 共有者 7日目襲撃死 蜂の妖精である「サムイ」を従える羊飼。1dで早々に共有片である旨を誤爆し、村の腰を折ってしまう。その後も考察のギアがかからないまま最終日に襲撃死し、村は敗北した。
学者クラフト 人狼 生存 経験豊富な狼。1dから初動の遅い村人達を尻目に、着実に占騙りを進める。1凸を抱えながらも、最終的には真占の諦めも手伝い勝利を手にした。なお、何故か非常に早い段階で面識のないはずの司書から中身を当てられている。
村娘アリシア 村人 4日目突然死 開口一番「全役職非対抗」し全てを終えた村娘。その後凸死し村の首を締めるおまけ付きであった。
雑貨屋マリ 人狼 3日目突然死 凸死狼。経験豊富な狼と組める機会を、生かすことは出来なかった。
少年アルト 村人 6日目処刑死 某PLを意識していた村人。レアケ信仰者であり「他の村人が通常ケースを、そして僕がレアケを見てると丁度良いんだよね」とは本人談。ただそもそもこの村には通常ケースを追う村人の絶対数が足りなかったのは不幸でしかなかった。
シスターリン 共有者 7日目処刑死 スターリン。羊飼の早々の誤爆を利用しようとするも、うまくは決まらず。3dで村娘の凸をケアしなかったことで間接的に真占の諦めを招く。そして学者真決め打ちし、5dでは一旦勝利を確信するが……。
旅人サンジ 村人 5日目襲撃死 山登り好きな旅人。2d3dと肝心なときに寡黙だったため、村の流れを変える動きは出来なかった。
宿主ライア 霊能 3日目襲撃死 初日に占い回避した霊能。その後狂人の黒特攻の色隠しに襲撃されたため、仕事をする機会はなかった。
木こりヨゼフ 狩人 6日目襲撃死 村側最多弁であり狩人。一貫して稼働したと言える唯一の村側。早い段階で司書真を見抜き護衛するが、村側の悲惨さから真占が(狩人生存等を)諦めていたこともあり、連携に失敗、敗北する。人格者であり、村で一番頑張っていたと言える彼だが、EPでは特に誰かを非難することはなかった。
詩人ダリオ 4日目呪殺 某PLの似姿。本家を思わせるような威圧的な言動と考察で占師の信用を動かし、狼占騙とラインを繋ぎ狼視を集めることに成功する。が、その「狼視」がこのイレギュラーな村では仇となったのか、「狐を溶かしたくなかった」真占に占われてしまい(単なるセットミスの可能性有り)、死亡する。生きていれば、狼にとって一筋縄ではいかない展開になっていただろう存在。
酒飲オッド 人狼 生存 1dで遅刻をかました後、即流星群(質問ラッシュ)を飛ばした図太い酒飲。ライン切りとしては有効であったようで、真占からの狐視は後の詩人溶けに間接的に働いた。「決戦」参加者。故にEPで某PLRPに苦言を呈している。
青年ヴァル 村人 3日目処刑死 オカリン。素村でありながらライン戦を志望していた。よく分からない主張から揚げ足を取られ、狂人から黒打ち特攻、そのまま吊られてしまう。彼の求める世界戦に辿り着くことは出来なかった。
司書カエデ 占師 5日目処刑死 諦めの早い真占。序盤から対抗の戦歴をある程度見抜き、萎えていた模様。それでも裏ではそこそこの真視の集めていたが、次々と柱化、寡黙化し、更新時刻にすら来ない村人に失望。票合わせからのRPPでの勝ちを捨て、狐を生かそうと「狼目」詩人を占うも(単なるセットミスの可能性有り)、そこが狐であり、更に自身は狩人にも護衛されていた。イレギュラーな状況に疲れたのか、そこで発言は途絶え、そのまま吊られている。
負傷兵アレフ 村人 4日目処刑死 失恋した負傷兵。とある事情でほぼ参加すること無く村柱CO、処刑死する。
男爵リヒター 狂人 生存 占騙狂。狂人としての仕事は黒打特攻が主だが、縄の足りないこの村においてはそれで十分過ぎる仕事であった。

意見・感想
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。