メニュー









資料サイトまとめ


コメント・報告

RSS・記録

@Wikiカスタマイズ


検索
CSS3対応ブラウザ推奨
 IE9↑推奨
 3.6↑推奨
 safari/推奨
 chrome/推奨
 Opera
最終更新日: 2014年05月25日
 今日: - :昨日: - :合計: -



最新更新
取得中です。

書籍関係

  • 辞書
  • 和書・洋書

リンク


更新お知らせ

5/18 各ページごとのコメントフォームになりました。
5/18 カラー作成~編集中


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギリシャ神話



原始神

[部分編集]
原初神とは、ギリシャ神話における神の系譜の中でも最も古い位置にいる神々である。
ギリシャ神話に登場する神々の原点とも言える存在で、世界の始まりから存在したと言われる。
神々の王権が成立する以前の原初の神、ゼウスの祖父母にあたる神である。

単語 英単語 説明文 リンク
カオス Khaos 原初の神。空隙または混沌の意味。
エレボス Erebos 原初の神。幽冥を神格化したもの
エロス Eros 原初の愛神。もっとも美しい神。
タルタロス Tartaros 原初の神。暗冥。冥府の最深部。奈落そのもの
ガイア Gaia 原初の大女神。大地の意味。
ニュクス Nyx 原初の神。夜の意味。
クロノス Khronos 原初の神との説がある。時を神格化したもの。
また、ティタンのクロノスとは全く別の神である
ポントス Pontos 海を神格化した存在
ヘメラ Ἡμέρα 昼の女神。ニュクスと表裏一体をなす存在。
アイテール Aither 原初神。天空神。エレボスと表裏一体をなす存在。
ウラノス uranus 天空神。全世界を最初に統べた神々の王とされる。

ティタン神族 Titan

[部分編集]
ティタン神族とは(Titan)は、ギリシア神話・ローマ神話に登場する神々である。
ウラノス(ゼウスの祖父)から王権を簒奪したクロノス(ゼウスの父)を初め、オリンポスの神々に先行する古の神々である。
巨大な体を持つとされる。日本ではしばしばティタン、ティターンと表記される。英語による発音はタイタン。

単語 英単語 説明文 リンク
ウラノス uranus 天空神。全世界を最初に統べた神々の王とされる。
ガイア gaia 地母神としての女神。(原始神)
単語 英単語 説明文 リンク
クロノス cronus 大地および農耕の神
オケアノス oceanus 海神
コイオス coeus 説話らしい説話は伝えられていない
クレイオス crius 説話らしい説話は伝えられていない
ヒュペリオン hyperion 太陽神・光明神
イアペトス iapetus ウラノスとガイアの息子
テイア thea ウラノスとガイアの娘
レイア rhea 大地の女神
テミス themis 法・掟の女神
ムネモシュネ mnemosyne 記憶を神格化した女神
ポイベ Phoebe 光明神と考えられる。また、この名は月神としてのアルテミスの呼称としても用いられる
テーテュース Tethys 泉や地下水の女神の母
ディオネ dinoe 天空の女神であったと推測される
単語 英単語 説明文 リンク
メティス metis 叡智や思慮、及び助言を意味する知性の神
プロメテウス prometheus 先見の明を持つ者・熟慮する者
エピメテウス epimetheus 行動し失敗した後で、ああしていれば良かったと後悔する者。
アトラス atlas 支える者・耐える者・歯向かう者

13柱について

  • クロノス
  • オケアノス
  • コイオス
  • クレイオス
  • ヒュペリオーン
  • イアペトス
  • テイア
  • レイア
  • テミス
  • ムネモシュネ
  • ポイベ
  • テーテュース

狭義には、ウラノスとガイアの間に生まれた12柱の神々の兄弟姉妹を指す(ティタン十二神)。クロノスはその末弟。
これにディオネを加えて13柱とする場合もある。

また、ヘリオスやセレーネー、プロメテウスなど、狭義のティタンの子孫(特にゼウスに与しない神々)も、ティタンと呼ばれる事がある。

ゼウスが父クロノスに戦いを挑んだ時、ティタンたちの多くもクロノス側につき、10年に渡る大戦争となった。
この戦争を ティタノマキア (古典ギリシア語: Τιτανομαχία(Tītānomakhiā))という。

恐らくは、バルカン半島の地においてインド・ヨーロッパ語族共通の天空神由来のゼウス信仰が確立する以前の、古い時代の自然神と思われる。地底に封じ込められており、彼らが時々暴れると地震がおきると信じられていた。




オリンポス神族 Olympus

[部分編集]
オリンポス12神(古典ギリシア語:Δωδεκάθεον)は、ギリシア神話において、オリンポス山の山頂に住まうと伝えられる12神の神々。
主神ゼウスをはじめとする男女6柱ずつの神々である。

単語 英単語 説明文 リンク
ゼウス Zeus 天を司る神
ヘラ hera 結婚・女性を司る神(ゼウスの妻)
アテナ athena 知恵・芸術などを司る神(ゼウスの娘)
アポロン apollo 音楽・詩歌・予言などを司る神
アフロディーテ aphrodite 愛・美を司る神
アレス ares 戦争を司る神
アルテミス artemis 月・狩猟を司る神
デーメーテール Demeter 豊穣神
ヘパイストス hephaestus 火・鍛冶を司る神
ヘルメス hermes 商業・旅行を司る神
ポセイドン poseidon 海を司る神
ヘスティア Hestia 炉を司る女神、家庭生活の守護神
デュオニソス Dionȳsos 酒と演劇の神
単語 英単語 説明文 リンク
ハデス hades 黄泉の国を司る神
ペルセポネ Persephone ハデスの妻

12神の変動について

通常、12神の神々は

  • ゼウス
  • ヘラ(ゼウスの妻)
  • アテナ(ゼウスの娘)
  • アポロン
  • アフロディーテ
  • アレス
  • アルテミス
  • デーメーテール
  • ヘパイストス
  • ヘルメス
  • ポセイドン
  • ヘスティア

12神目はヘスティアを入れるのが通常であるが、ディオニュソスを入れることもある(この場合、6神ずつではなく、男神7神、女神5神となる)。
これは、十二神に入れないことを嘆く甥ディオニュソスを哀れんで、ヘスティアがその座を譲ったためとされる。
また、ごくまれにポセイドンやデーメーテールなどが外されることもある。

ほかに十二神と同格の神として、ハデスとその妃ペルセポネがいる。通常は十二神には含まれないが、ごくまれに含めることもある。


その他神族

[部分編集]
単語 英単語 説明文 リンク
アスクレピオス Asklepios 医術の守護神
ヘベ Hēbē 青春の女神
ヘリオス Helios 太陽を司る神。象徴となる聖鳥は雄鶏。
パーン pan 遊牧民の神。意訳して、牧羊神、半獣神、牧神とも呼ばれる。
ネメシス nemesis 復讐の神
単語 英単語 説明文 リンク
タナトス thanatos 死を意味する
オネイロス Oneiros 夢の神
ヒュプノス Hypnos 眠りの神
アケローオス Achelous 河の神
オイジュス Oizys 苦悩の擬人化
モモス Momus 非難や皮肉の擬人化
モロス Moros 定業を司る神
ケール Ker 死の運命。女神・悪霊。複数いる。常に悪いイメージで語られる
アパテ Apate 女神。欺瞞・不実・不正・失望の擬人化
ヘスペリデス Hesperides ギリシア神話に登場するニュンペーたち

The Graces -美、優雅を司る女神-

単語 英単語 説明文 リンク
アグライア aglaia 輝きを象徴するの女神
エウプロシュネ euphrosyne 喜びの女神
タレイア thalia 豊かさと開花を司る女神
単語 英単語 説明文 リンク
パシテア pasithea 万物の女神。叙事詩に登場
カレ kale 美女
アウクソ Auxo 成長を象徴する女神
ヘゲモネ Hegemone 女王
クレタ Kleta  
パエンナ Hegemone 輝く女を象徴する女神
☆グレイス(カリス)・美と優雅を司る女神たちについて

The Muses -芸術の女神-

単語 英単語 説明文 リンク
クレイオ clio 歴史の女神
ウラニア urania 占星術と天文を司る女神
メルポメネ melpomene 悲劇と挽歌を司る女神
タレイア thalia 喜劇を司る女神
テルプシコラ Terpsichora 合唱と舞踊を司る女神
カリオペ calliope 雄弁・叙事詩の女神
エラト erato 独唱歌(独吟叙事詩)を司る女神
ポリュムニア Polymnia 讃歌と雄弁を司る女神
エウテルペ Euterpe 快を与えるものとして性格付けられ、後には抒情詩のムーサとされた
☆ムーサ・芸術の女神について

The Erinyes -復讐の女神-

単語 英単語 説明文 リンク
ティシフォネ tisiphone 殺人の復習神
メガイラ megaera 嫉妬深い復讐神
アレクト alecto 絶え間ない怒りの復讐神
☆エリニュス・復讐の女神について

The Moirai -運命の女神-

単語 英単語 説明文 リンク
クロト Clotho 運命の糸を紡ぐ女
ラケシス Lachesis 運命を割り当てる女
アトロポス Atropos 変えられない者、死の瞬間に運命の糸を断つ女
☆モイライ・運命の女神について


英雄

[部分編集]
単語 英単語 説明文 リンク
ペルセウス perseus ゼウスの子でメドウサを退治し、アンドロメダを救った英雄
テセウス theseus アテネの王で怪物ミノタウロスを退治した英雄
ベレロフォン bellerophon 神馬ベガサスに乗り怪獣キマイラを倒す
アタランテ atalanta アルゴー号に乗った勇姿の一人。女猟師で、とても足が早く 勇敢。
ヘラクレス heracles ゼウスの子で12の難行を遂げた大力の英雄
オデッセウス odysseus トロイ戦争に参加した知勇兼備のギリシャの将軍
メレアグロス meleager アルテミスが放したカリュドンの巨大猪を倒した英雄

登場人物

[部分編集]
任意説明スペース
単語 英語読み 英単語 説明文 リンク
精霊 ニュンペー Nymph 精霊あるいは下級女神である。山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。ニンフとも
海精 ネーレーイス Nereis ニュンペー亜種
水精 ナーイアス Naias ニュンペー亜種
木精 ドリュアス Dryas ニュンペー亜種
山精 オレアード Oread ニュンペー亜種
森精 アルセイド Alseid ニュンペー亜種
谷精 ナパイア Napaea ニュンペー亜種
冥精 ランパード Lampad ニュンペー亜種
メンテー メンテー Menthē コキュートス川のニュムペーである。数少ないハデスの浮気相手。

クリーチャー

[部分編集]
任意説明スペース
単語 英語読み 英単語 説明文 リンク

登場するアイテム

[部分編集]
任意説明スペース
単語 英語読み 英単語 説明文 リンク
アルゴー船 Argo ギリシア神話に登場する巨大な船の名前である。アルゴ船、アルゴー号とも。
金羊毛(きんようもう) golden fleece ギリシア神話に出てくる秘宝のひとつ

出典元・参考サイト

[部分編集]

  1. http://www.google.co.jp/
  2. http://ja.wikipedia.org/wiki/
  3. http://sakura.canvas.ne.jp/spr/kabada/hostname/greek.html




一言コメントフォーム

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|