まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まとめ。
マジでまとめなくちゃならんので草案ということになっている。
本論が出てきてからもう一度書きなおさなくちゃ…。



このように、良しも悪しきも戦争と科学とは共に歩んできた。
私たちがこうして今学んでいる情報技術という一つの体系も、元をたどれば戦から生まれた知恵から派生してきたものである。
しかし、私たちが自覚しなくてはいけないことが二つある。
一つは、科学の持ちうる力の大きさ。そして科学に対する私たちの立場である。
確かに、科学と戦争は相互に影響を及ぼしあって進化してきたことは事実だが、だからと言って私たちが戦争を推進していい、という理由にはならない。
私たちは既に科学の持つ力の巨大さを知り始めている。それがゆえに、私たちはこの力がもし戦争に用いられてしまったとき、どれほどの被害が起きるか、予測を立てることができる。
だからこそ、私たちが人間としてその力を統率できなければならないのだ。
過去においても、科学を発展させたのが人間であれば、戦争を促したのも人間なのである。
今、私たちは科学という力の使い道を十分に考える必要がある。




骨組みはこんな感じで良いかもねぇ。
あとは中身ができてから訂正してけばいい感じじゃない?
by八木