HEROES of Might and Magic @Wiki

■ Heroes 7
基本情報

■ Heroes 6
基本情報
攻略メモ
│ └ キャンペーン攻略
├ データ
│ ├ ユニット解説
│ ├ スキル
│ │ ├ マイト
│ │ ├ マジック
│ │ ├ 派閥スキル
│ │ ├ クラススキル
│ │ └ ヒーローの攻撃
│ ├ 建物
│ └ メインヒーロー
日本語化

■ Heroes 5
基本情報
操作方法
├ 攻略
│ ├ ゲームシステム
│ └ キャンペーン攻略
├ データ
│ ├ アーティファクト
│ ├ 魔法
│ ├ ヒーロー
│ ├ ユニット解説
│ ├ スキル・アビリティ
│ │ └ 種族能力
│ └ 建物
└ タウン
  ├ Haven
  ├ Inferno
  ├ Necropolis
  ├ Dungeon
  ├ Academy
  ├ Sylvan
  ├ Fortress
  └ Stronghold

■ Heroes 4
基本情報
├ 攻略
│ └ ゲームシステム
├ データ
│ ├ クラス
│ ├ 魔法
│ ├ 建物
│ └ スキル・アビリティ
└ タウン
  ├ Haven
  ├ Necropolis
  ├ Academy
  ├ Asylum
  ├ Prezerve
  └ Stronghold

■ Heroes 3
基本情報

■ Heroes 2
基本情報
ユニット

■ Palm Heroes
基本情報


アクセス: -

Admin:M2


HoMM6 > メインヒーロー


  • アナスタシア

"I may be better off dead. But that doesn't mean I have to like it."

アナスタシアは、グリフィン公国のスラヴァ公爵とケイト公爵夫人の最も若い娘で、キリルの双子の妹です。
キリルとは長い間、離されていたのですが、深い繋がりを共有しています。
(皇帝の命令で、彼らは異なる教師の元で学んでいました)

チャーミング、ハッピー、無邪気、、、彼女はこんな感じだったでしょう、
己の手で父を暗殺するという呪われた瞬間さえなければ。

彼女のメンター、伝説の大天使ユリエルが、犯罪は彼女の意志ではないと保証したのにも関わらず、
彼女は神聖な宗教裁判に送られ、兄アントンに処刑されました。

ネクロマンシーの不思議な技術の実践者である大叔母スヴェルタナに非生物として蘇生されたとき、
彼女は初めてこの悲しい出来事に気付きました。

ショックで信じれれない、彼女の若々しい否定の気持ちは、急速に厳然たる事実を受け入れる気持ちに変化しました。
そして、彼女を操った者を探し、その方法を知ることで、自己の名前を抹消したいという、
冷たく情熱的な欲望を持つようになりました。


  • アントン

"Go in peace, father. The Duchy is in able hands. May Elrath scorch the hearts of your murders."

アントンはグリフィン公国のスラヴァ公爵とケイト公爵夫人の初めての摘出子です。
子供時代から、地位の授与のような特権や神への生贄を楽しんできました。

宗教、政治、リーダーシップ、戦闘について教育され、アントンは静かで真面目な子供に育ちました。
いつの日かグリフィン公国を継承し、公爵になるという、ただ一つの目的のために訓練されました。

不思議な声の雑音に小さい頃は悩まされていましたが、父の顧問の一人であったヨルゲンの助けで、
やがて聞こえなくなりました。
彼は自らの運に満足していましたが、それも、ウォルフ公国の卑劣なガーハート公爵に
妹のイリーナが強制的に結婚させられるという政治工作を見ると変わりました。

苦しいけど、彼の父親を皇帝への堅い忠誠と対決させることはできません。
しかし、もう一人の妹アナスタシアによって父スラヴァが殺されると、
彼の悩みは結局ふっきれることになりました。

古い声が戻り、フェイスレスを非難し、これからも父との違いを解決できないことを知りました。
新しい公爵はとても怒りの激しく復讐心に燃えるグリフィンです。



  • キリル
アナスタシアと同じ日に生を授かった、スラヴァ公とケイト夫人の末息子。
多くの双子がそうであるように彼らを結ぶ絆もまた強いものであった。しかし、皇帝の勅命により別々の師のもとで学ぶ今、その親愛なる妹とも生活を別にして久しい。
頭の回転が速く、酷薄な皮肉を飛ばし不合理な行いを好む…そんなキリルの師は、伝説的な御使い、サラであった。
キリルは真摯に彼女を敬愛し、サラもまたキリルに敬意を表する。そんな日々は、アナスタシアとの離別感を少しは埋め合わせてもくれた。

魔術により操られたアナスタシアが父をその手で殺めるさまを目撃してしまったキリル。
憤怒する彼を宥めるサラは、事を正す為の助けになることを申し出る。魔界へ降りて力を得るという、危険な計画を携えて…

更新履歴

取得中です。