※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ヒトの頭髪】

毛はその環境および、機械的、化学的な経歴に対応する。例えば、湿っている毛を成型し乾燥させると、その型を保つ。その型は再び毛が湿ると失われる。さらに恒久的なスタイリングのためには、化学的な処理(パーマ)によってジスルフィド結合を破壊し、再構成する。

ヒトの毛の直径はおよそ18μmから180μmの範囲である。ヨーロッパ系の人々においては、金髪と黒髪は細く、赤毛は最も太い。通常、アジア系の人々の毛は他に比べて直径が太い。

ヒトの毛の断面はアジア系の人々では一般的に円形で、ヨーロッパ系では楕円、アフリカの人々はほぼ平らである。このためアフリカの人々の毛は縮れ毛になりやすい。

アフリカの人々の一部は、毛をそのままにしておくと、きつく曲がって成長し、アフロと呼ばれる独特の髪形になる。そのため黒人勢力の考えが発達するにつれ、このような人々が装置を使って毛を真っ直ぐにするかが議論されてきた。

成長の速度はおよそ11 cm/年 = 0.3 mm/日 = 3 nm/秒である。

毛の根元にある毛胞は非常に速く成長する。そのため化学療法によりしばしば毛を失うことがある。これらの作用は癌細胞だけでなく、速く成長する細胞に働く。

毛は丈夫である。1本の毛は100gの重さを、頭髪は12トンの重さを支えることができる。それらはアルミニウムの強さに匹敵する。

【加齢による毛の変化】

老人は毛の内部の色素が失われるため、灰色(実際には色の無い)の毛に発達する傾向がある。これが生ずる年齢は人によって異なるが、一般的に75歳以上になるとほとんどの人が灰色の頭髪になり、一般に男性は女性よりも灰色になりやすい。

さらに年齢が進むと、灰色の毛になる可能性は大きくなり、85歳までにほとんどの人が元の毛の色を失う。灰色の毛は通常の加齢の特徴として考えられる。

非常に薄い色の金髪の人々は、加齢に伴って灰色の毛の代わりに白い毛が成長する。

【漢方薬としての人髪】

人髪を黒焼きにしたものを乱髪霜と呼び、止血効果があるとされる。

【文化史】

頭髪は、単に人体の一部という役割を超えて、神聖視されたり、特別な意味合いを付与されたりすることもあった。旧約聖書の士師記においてサムソンは髪を切られたためにその力を失った。

日本の平安時代の貴族女性において、髪の長さは美しさであった。村上天皇の宣耀殿の女御の髪の長さは、大鏡に記述がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

頭髪の悩みを感じたら、、、、リーブ21で相談してみよう~!

自分の髪をよみがえらせることができるとしたら。。。
そんな発毛、脱毛を真剣にお考えならリーブ21薄毛対策をお勧めいたします。