※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

綾崎 ハヤテ

主人公。
親に1億5000万円の借金を押しつけられて途方に暮れ、
誰かを誘拐しようとしてナギに目を付け、声をかけたが
その時のセリフを愛の告白と勘違いされ、それがきっかけで三千院家の執事になる。
借金はナギに肩代わりしてもらい、現在40年かけて返済している最中。
呪われているかのように不幸な体質で事故から人間関係までさまざまなトラブルが降りかかってくる。
また、顔も性格も女っぽいので、作中で何回も女装させられていて
ヘタすると並の女の子よりも可愛く見えてしまう。