※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-月の鼎-  anothe story

目の前には、暗闇・・・・ただ、真っ暗な闇が広がっているばかり。
怖い・・・
まるで、強大な何かが自分を蝕んでいるような気がしてならない。
ここから、逃げ出したい・・・・
しかし、体がいうことを聞かない・・・
その時、自分は何かを見た気がした・・・・・

・・・・・・・・・・・・ジリリリリリリリリリリ!
「ぅう~ん・・・・・朝?」
目覚ましを止めて、外を見る。気持ちのいい晴天だ。
「ふぁぁ~・・・・・・」
まだ、開けきらない目をこすりつつ 1階へ降りる。
リビングにあるソファの近くには、手入れのされている二刀が置いてあった。
周りを見る。・・・・誰もいない。下を見る・・・・いた。
足元で、丸くなって寝てるのは・・・神影(みかげ)だ。

「神影~・・・腹減った。」
「はやく、自炊できるようにしてくださいょー・・・・」
そういいながら、神影はキッチンへと向かおうとして・・・・倒れた。
「・・・・大丈夫?」
「・・・・・・やっぱ、朝は苦手です・・・」

結局、朝飯を自分で作った。
「さて・・・と。神影~」
「次はなんですか~・・・」
「出かけてくる~」
「はぃは・・・・って、えぇ?!」
「何、その反応・・・」
「だって、まだ朝じゃないですか!」
「そうだけどさー」
言い忘れてた。このギルドは基本的に夜活動することが多い。そのためか、朝出かけることが滅多にない。

俺は、玄関の脇に置いてあるソウルを持って、外へ出た。
目的地はエリアス王宮。
なぜかって? なんか、ほかのギルドと合同で暴れまわる赤い龍を倒すらしい。
俺は、ほかのギルドなんぞに興味はない。ただ、うちのギルドの知名度さえ上がればいい。


そういえば、自己紹介が遅れたな。
俺の名は、ラエル。
月の鼎のリーダーだ。

  • 続-


あとがき
ども。にゃたりです。
春の奏の2話を構成中に生まれたギルド・・・・月の鼎
なんか、小説にしてみたら意外といけたかも・・・・w

みっちー。ごめんね。 (神影のイメージは、みっちーです。
他にも、ギルメンをイメージしたキャラ作っちゃうかも・・・w

それを踏まえ、頑張りますww
|