※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エリアスカフェ

エリアスの街外れに一件だけカフェがある
そこに白髪の青眼鏡の青年カリカーチャと薄紫色の髪のギルドマスターのにゃたりがいた

「それでですね!ここのパフェが美味しいんですよ。」

「成る程、だから連れて行く前からそんなに嬉しそうだったのか。どれ…」
人もさほど多くなく、かつひっそりとしていてジャズミュージックがかかっている店内だった
そしてマスタはメニューを手にとってカリカーチャお勧めのパフェをじっくり眺める

「…これはなんだね?カリちゃ…」

一瞬にゃたりの時自体が止まった

「(100%ハバネロ&唐辛子入り激辛生クリーム入りパフェ(白玉入り))」

ぐぎり…

「え?何って普通のパフェでしょ?」

カリカーチャは普通のパフェのメニューの写真を眺めてそう言った
…が、にゃたりが眺めたのは

「どう見てもネタでしかないだろ!ハバネロ入り(ry)なんてっ!?」

「ええ!?ハバネロ…そんなメニューあったんだ~」

「なんだ、知らなかったのかね…。」

「あぁーもしかしたら、追加されたのかもしれませんねぇ~ここ結構新メニューの追加はやいんですよね~」

「追加されたものがもうネタでしかないのだが……」

選びたくないよなぁ…と二人はその写真入りメニューに釘付けになった
そうするとドアベルがからんからんとなった、二人の他に誰かきた様子だった

「あっれー!にゃたりさんに、カリカーチャさん来ていたんですか?」

其処に来たのは、黒い帽子を被ったつっしーだった。

「おお、つっしーs。つっしーsもパフェ食べにきたんですか?」

「あぁ!新メニューが追加されたと噂に聞きやってまいりました!」

これです、とさしたのはハバネロ入りの……。

今度は二人の時が止まった

「それ食べるの?」

「へー?行けませんか?おいしそうじゃあないですか、とっても辛そうで」

(沈黙が流れる)

「正気なのか…!つっしー君」

戦慄。にゃたりが肩をがっしりつかんで目を見る
今現在幽霊みたいな青い顔が真剣な目で見ていた

「食べますよ、すみません!これください!」

「やめてくださいっ、早まらないでください つっしーs!」

「ホント、気を確かッ!?」

即座に注文するつっしー
二人の時は更にかちんと凍てついた。








うぎゃあああぁぁー



響いた叫び声は誰のものか…


そして、それを食べたハバネロ入り(省略)を食べたつっしーはどうなったか
…は別のお話である…




あとがき。
調子にのってかいてしました(笑
つっしー君特に被害者にして申し訳ないですです。(笑
一日で仕上げたためにまったくおかしいですが、大目にみてあげてください(w
|