春闘少女マジカ☆本気か


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:◆exs5bssAls

春闘少女マジカ☆本気かOPテーマ 『倭亜威』

ナレーション
「風が舞う、殺気が走る、きらめく刃が闇を裂く。創発板八百八スレが眠る頃、隠密作家 推参仕る」

周りの好奇心 振り払い 君は戦う人になれ
傷つくことを恐れたら 創発は悪の手に沈む

Wake Up! The わぁい! 萌えあがれ
光と闇の果てしないバトル
Wake Up! The わぁい! 師匠よ
僕に勇気を与えてくれ
漢娘(おとこ)倉刀 フリルドレス
漢娘(おとこ)倉刀 もう何も怖くない

漢娘(おとこ)倉刀 作 華麗に参上

ナレーション
「ハルト主義者心得の条 我が命我が物と思わず 創作の儀、あくまで陰にて 己の器量伏し、ご投下如何にても果すべし
 なお dat落ちしてログ拾う者なし dat落ちしてログ拾う者なし dat落ちしてログ拾う者なし」

世界征服を企む恐るべき秘密結社『IPTY(いつでも プリン 食べ放題 やったぁ!)』
今再び、狂気の計画が実行されていようとしていた!


柏木博士「いでよ! 怪人触手男よ!」

触手男「ショクシュショクシュー!」

柏木博士「有能な才能を秘めし少年少女をさらってくるのだ!」

触手男「ショクシュー!」


――休日の遊園地

美作「ねーねー! 次はあれ乗ろうよ!」

倉刀「観覧車、か。馬鹿と煙は高い所が好きというのは本当だな」

美作「えー、何よそれ! ……あー、わかった、本当は怖いんでしょ」

倉刀「馬鹿な事を……わかったよ、つきあえばいいんだろ」

ドッカーン!

倉刀「!?」

美作「あ、あれは!」

串公将軍「はーはっは、子供がいっぱいだなー!」

係員「あ、あのコスプレの方はご遠慮を」

串公将軍「やかましい!」

係員「ぐわっ!」

串公将軍「やれい! 者ども!」

触手男「ショクシュショクシュー!」
戦闘員s「G-----ッ!」

突如、家族達の憩いの場に現れた恐るべき集団!
休日の団欒は無残にも切り裂かれた!

子供「キャー! おかあさーん!」
子供「パパー! ママー!」

美作「あ、あいつら……なんて野郎だ、倉刀」

美作は怒りに震わせ横をみるが、そこにはすでに倉刀の姿は無かった

美作「倉刀……あれ? 倉刀?」

タッタッタッ……

倉刀(奴らめ! ゆるせん!)

倉刀はその時、既に駆けていた
変身する場所を探し、適当な障碍者用トイレへと駆け込む

ガチャリ

鍵をかけて誰も入ってこない事を確認すると、鞄を床へと下ろし身構える

すぅーはぁー すぅーはぁー

倉刀(酷評スルーを恐れてはならぬ……恐れるは投下を躊躇する己の心……滅殺せよ! 己を滅ぼす愛憎怨怒)

深呼吸して息を整える
そして、裂帛の気合いを鞄へと叩きつける

倉刀「プリティーミューテーション! マジカルリコ-ル!」

次の瞬間、倉刀の身体は輝きに包まれて魔法漢娘 クラトゥへと化した!

倉刀 作が魔法漢娘 クラトゥへと変身する時間はわずか0.02秒に過ぎない
では、その変身プロセスをもう一度見てみよう

倉刀「プリティーミューテーション! マジカルリコ-ル!」

倉刀が鞄へと拳を叩きつけると同時に、声紋と指紋が照合される

「本人ト確認、セットアッププロセス カイシシマス」

蓋が開き、倉刀が身に着けていた物が全て鞄へと吸い込まれ、同時に女性の衣服が噴出される
黒ニーソ! ガータベルト! フリフリドレス! 三八式歩兵銃!
オーダメイドによってサイズピッタリなそれを装着することによって、倉刀の精神は極限まで追い込まれるのだ!

倉刀「(こんな格好)もう、何も怖くない……(乾いた笑い)」

テーレッテー

倉刀「魔法漢娘 クラトゥ、華麗に参上♪」

キラ☆キラ☆リーン☆


串公将軍「ふん、そろそろいいだろう。これだけあれば博士もお喜びになるだろう」

触手男「ショクシュー」
戦闘員「G-----ッ!」

クラトゥ「待ちなさい!」

カッ!

観覧車の鉄塔にさっそうと暖色系ドレスをひるがえす少女に、おもわず怪人たちは目を奪われる

触手男「ショクシュ!?」
串公将軍「何奴!?」

クラトゥ「お前は誰だと聞かれたら!」

キラ☆

クラトゥ「答えてあげるのが人の情け!」

キラ☆

クラトゥ「愛と正義の美少女戦士! クラトゥ!」

キラ☆

クラトゥ「師匠に代わって……おしおきよ!」

キラ☆リーン☆

串公将軍「ええい生意気な! かかれい!」

戦闘員「G----ッ!」

可憐な少女に屈強な戦闘員たちが襲い掛かる!
少女の手には何もない! あわや18禁同人誌のような惨事が起こる様にみえた!
だが少女は……

クラトゥ「ティロ……フィナーレ!」

いきなりその場で崩れ落ちたーーーーーーッ! そしてカニばさみを戦闘員に仕掛けるーーーッ!

戦闘員「Gィッ!?」

走ってきた戦闘員はそのままバランスを崩され、地面へと倒され顔面を強打!
そのまま少女は足を極めたままインディアンデスロック!
戦闘員と一緒になって側へ寝ると、鎌固めの態勢で締め上げる!

戦闘員「G、Gぃーーーーーッ!」

たまらず戦闘員は悲鳴をあげた! そして冷たい声で少女は呟いた

クラトゥ「私……残酷ですわよ……」




戦え! 魔法漢娘クラトゥ!
負けるな! 魔法漢娘クラトゥ!
クラトゥの勇気が創発板を救うと信じて……ご愛読ありがとうございました!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。