固茹で卵な半熟卵 真摯


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:◆gGWjPaYNPw


「良く聞こえなかったな?もう一度言ってみろ?あぁん?」
今、俺は魚屋の親父に土下座をしていて、親父は俺に鮪包丁の鎬をぺたぺたとエラ蓋にやっている
はっきり言おう、滅茶苦茶怖ぇ
「言いたい事は分かってる。荒事なんだ、補給が必要なんだよ。じゃないと勝てねぇ。頼む!」
「……アジョ中さんよ。あんた、何時もは逃げ回ってっけど、本当は相当強いだろ?ヤクザもんやチンピラがアンタの事怖がってんのは、コッチにも届いてんだが?」
「そんなんじゃねぇ。相手は俺と同じく化物だ。連続殺人事件にも、関係有りそうなんだよ!」
親父が包丁を離すと、頭をボリボリ掻いている
「…ツケ、五分増しだ」
「済まねぇ!恩に着る」
「そん代わり、きっちりカタ付けねぇと、五割増しだ。良いな?」
「済まねぇ!本当にきっちりやって、払いに来るから待っててくれ!」
「一度でも達成してから言えよ、馬鹿野郎。ほら、食ってけ」
そう言って、裏の生け簀に案内してくれて、活き海老が大量に泳いでいた
「おい……何でこんなに?」
「どこぞの魚は米が食えねぇからな。腹に力が入らねぇと駄目だろ?」
そう言って、親父は俺の背中をバシッと叩くと、店舗に戻って行った
「頼むぜ。人殺しをのしてやれ」
「……あぁ」

俺は涙を流せねぇ
俺はそのまま、海老を喰らい始めた
「ちょっとお邪魔します。警察ですが」
げっ、探しに来やがった
俺は勝手口から逃げようと考えたが、他に警官が居たら見つかる
動くに動けねぇ
「お、なんだいお巡りさん」
「こちらにアジョ中さん来てませんか?」
「嫌、来てねぇなぁ。何かやったのかい?」
「いえ、ちょっと伺いたい事が有りましてねぇ」
「そうかい。俺も奴にはツケがえれぇ溜まってんでね。さっさと絞めて店頭に並べないと、損害でかくてかなわねぇ。見付けたら、俺に連絡くれよ」
「あっはっはっは。民事は不介入ですからね。一通り聞いたら、お渡ししますよ」
「頼むぜ」
「はい、分かりました。失礼します」
足音が遠ざかりながら声が聞こえてきた
「ツケ溜まってるんじゃ違うな。アジョさん魚屋さんの包丁が一番苦手だし」
「そうですね。行きましょう」
ふぅ、今捕まると行動に差し障り出るからな、助かったぜ親父さん

「おら、さっさと食って出ていけ。一分一秒も無駄にすんな」
俺はその声に頷いて、また食い始めた

俺はアジョ中、人外だ
人情のある、この街の住人だ
だから、この街での狼藉は許さねぇ
じゃないと、受け入れてくれてる街の人達に、申し訳が立たねぇじゃねぇか

※※※※※※※※※※
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。