860


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:ID:+WKs6Scx

倉「あれ師匠、何読んでるんです?」

ハ「倉刀か。今良いところなんだ、邪魔をするな」

倉「って、ししし師匠が漫画読んでるーっ!?」(ガビーン!)

ハ「む。何だその反応は。漫画も立派な作品だぞ」

倉「そ、そうですよね、失礼しました。
  ……で、何読んでるんです?」

ハ「…………。これだ」

倉「すごいよマサルさんだーっ!!」(ガビーン!)

ハ「倉刀、ギャグマンガをバカにするな。
  人は泣かせるよりも、笑わせる方が難しいのだぞ」

倉「え、あ、そ、そうですよね」

ハ「分かったら邪魔をするな」(ぺらっ)

倉(……師匠が漫画か。イメージから遠いなぁ)(ちらっ)

ハ「…………」(ぺらっ)

倉(しかもマサルさんって。あまりに予想外すぎるっていうか)(ちらちらっ)

ハ「…………」(ぺらっ)

倉(ていうか師匠、どんな風に笑うんだ?)(そわそわ)

ハ「……っ!」(ぺらっ)

倉(お、笑うか!? 笑うのか!?)(ぐぐぐっ)

ハ「――ッ!
  えええぇぇぇい! さっきから人の前をちょろちょろとっ!
  邪魔をするなと言っているだろうがぁっ!!!!」

 ボグシャー☆

倉「ぐはぁっ!!」


 師匠のお怒りを勝った倉刀は廊下で正座。
 結局、彼女の笑い顔は拝めなかったという。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。