ハルトシュラーと俺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:◆NIKUcB1AGw

「よし、更新完了。執筆に戻るか」

深夜の自室。俺はパソコンから自分のブログを更新し、一息ついていた。
今日の俺は、実に調子がいい。執筆スピードがいつもの三割増しといったところであろうか。
これなら、予約期限をたっぷりと残してSSを完成させることが出来そうだ。
まあ、もとより予約期限を使い切ったことはまだないが。
ん? ちょっと待て。俺、誰に向かってこんな説明してるんだ?
これじゃまるで……。

「SSの一人称視点みたいだ、か?」

突然、部屋の中に俺以外の声が響く。しかも、どう考えたって家族の声じゃない。
慌てて振り向くと、そこにはゴスロリ服を着たブロンドヘアの幼女が立っていた。

……あー、何だ。そろそろ寝なくちゃまずいか。調子がいいからって無理して大変なことになってもあれだしな。
しかし、どうせ幻覚を見るなら巨乳のお姉さんにしてほしかったところだ。
kskロワ住人だからって、誰も彼もがロリコンってわけじゃないんだからな。

「現実逃避するな」

いや、するわ。どう考えても怪奇現象だもの、これ。

「まったく、さんざん非現実的な世界を書いてきながら、反応がこれか。情けない」

いや、書くのと実際に起きるのとでは別物ですから。夜中に突然幼女が自分の部屋に現れるとか、どこの中二病ですか。

「そんなにわらわを幻覚にしたいか。何なら、キャメルクラッチでもかけてやろうか?
 痛かったらさすがに幻覚じゃないとわかるじゃろ」

どうせならマッスル・スパークぐらい見せてやろうという心意気はないのか。

「無茶言うな。空中であんな複雑な関節技、かけられるわけがなかろう。
 それに、この部屋では天井の高さがまったく足りんわ」

あ、通じた。

「キン肉マンは全巻読破しておるからな。ちなみに、好きなビッグボディチームの超人はペンチマンじゃ」

な……! こいつ、通だ! 「好きなビッグボディチームの超人は?」と聞かれたら、10人中9人は「レオパルドン」と答えるはず。
それをあえて先鋒のペンチマンとは……。貴様、ただ者じゃないな!

「深夜に他人の部屋に出没する幼女が、ただ者のはずなかろう」


いや、そりゃそうだけど。で、結局あんた何者?

「何じゃ、まだわからんのか? わらわはS・ハルトシュラー。創作発表板の住人全てを見守る者」

……。よし、わかった。帰れ。

「なんでそうなる」

リアクションに困る。以上。

「何じゃ、冷たいのう。わらわの名前をブログで出した奴がいるというから、わざわざ会いに来てやったのに」

いや、そう言われても本気でリアクションに困る。単にいいタイトルが思い浮かばなくて、今日一番頭に残ったフレーズを使っただけだし。

「適当じゃな」

うっさい、ボケ。

「ほう、わらわに向かってボケとは、よく言ったものじゃ。わらわの魔王としての力、見せてやろうか?」

あー、すいません。とにかくすいません。とりあえずここは謝っておくに限る。
所詮超常現象の前に人間は無力だ。

「まあいい。とりあえず、今日はこの辺で勘弁してやろう。これからも、創作に励むのじゃぞ? じゃあの」

あ、帰るんだ。む、何だ? 急に頭の中が真っ白に……。


「あれ?」

おかしいな、記憶が曖昧だ。ブログを更新してからのことをよく覚えてない。
寝ちまってたのか? なんか奇妙な夢を見た気がするが……。思い出せん。
まあいいや。とにかく、今日はもう寝た方が良さそうだな。
この季節に、こんなところで熟睡したら確実に風邪引くし。
そんなわけで俺はSSを保存した後パソコンをシャットダウンし、ベッドへと向かうのであった。


※もちろんフィクションですよ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。